えきねっと予約を解説!何日前から?支払い方法や領収書、取り消しや確認方法など

この記事では、えきねっと予約について説明しています。
えきねっと予約は何日前からできるのか、支払い方法や領収書、取り消しや確認方法などについて説明します。





えきねっと予約 何日前

えきねっとでは新幹線の予約をすることが出来て、便利になっています。
えきねっとの新幹線の予約はいつから出来るのかというと、新幹線の予約日、つまり乗る予定日よりも1ヶ月+1週間前から予約をすることが出来ます。
1ヶ月+1週間前というのは1ヶ月が30日あるとすると37日前から予約をすることが出来ます。
国内旅行に行こうと考えている人やこれから先の予定を先に済ませたい人には便利です。
1ヶ月前から予約が出来ても土日は空席状況が殆どなかったり、逆に平日は空席ばかりのときもあります。
効率よく行きたいなら平日もおすすめですが、土日でも予約を早めにしておけば予約日は安心して指定席に乗ることが出来ます。
予定は早い方がいいです。

※えきねっと トクだ値についてはこちら
「えきねっと トクだ値」について書いた新しい記事へのリンク

えきねっと予約 支払い

えきねっとの支払い方法は複数あり、クレジットカード払いとコンビニ払いがあります。
クレジットカードはVISA、VIEW、JCBなど基本的なものは対応しています。
コンビニ払いのどのコンビニが対応しているかというと、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとさらにセイコーマートが対応しています。
セブンイレブン以外は基本はコンビニにある機械で自分で行い、必要な情報を入力します。
このとき受付番号や注文番号がいるため、忘れないように紙に書いてメモしておきましょう。
セブンイレブンの場合はレジで直接行ってくれます。
機械が苦手な人はセブンイレブンをおすすめします。
このときも支払い番号等いるため、大事なことは紙に書いてレジで説明するようにしましょう。

えきねっと予約 領収書

えきねっとではログインする画面があり、ログインをすると領収書発行をする画面に移動することが出来ます。
ログインは会員だけではなく非会員の人もログインをすることが出来ます。
非会員の人はえきねっとのご利用ガイドの中にある領主書発行についてに書かれている予約内容確認をクリックし、予約番号と予約確認キーを入れることでログインをすることが出来ます。
領収書を見ることが出来る画面に移動してから領収書を向こうから貰うのではなく、自分で印刷して領収書を発行します。
期限があり、旅行を終えた後から6ヶ月経つと領収書の画面が消えてしまうため、なるべく早めに領収書を印刷することをおすすめします。
自宅に印刷機がない人はプリンタを買うあるいは印刷出来る状態にしておきましょう。

えきねっと予約 確認方法

えきねっとの予約確認方法は会員の人と非会員の人とでは確認の仕方があります。
非会員の人は利用するのは先ほどえきねっとの説明の中にある予約内容確認のログイン画面に移動します。
先ほどと同じように非会員の人は予約確認番号と予約確認キーを入れて予約内容を確認するボタンをクリックします。
非会員の人はこの方法で予約を確認することが出来ます。
普通の会員の人はえきねっとのトップページから会員メニューという場所からログインをします。
ログインをすると様々な情報が書かれており、その中に予約の確認情報が書かれています。
またよくある予約確認完了メールに関してですが、えきねっとから予約完了メールは届くことはありません。
会員番号や予約確認番号を忘れないようにしましょう。

えきねっと予約 取り消し

えきねっとの予約の取り消しもログインをして行います。
会員の人は会員メニューから行い、非会員の人は先ほど説明したところからログインします。
会員の場合はログインをした後、きっぷ予約、予約内容の確認・変更・払戻の順にクリックします。
手続きを進めていって最後は払戻をクリックします。
このとき大事なことは予約を取り消すことではなく、予約取り消しのときにいるキャンセル料がかかります。
指定席だと1つの席で310円、自由席の場合は330円かかります。
このときもっと大事なことは当日にキャンセルだけはしないようにします。
早めにキャンセルしておけば300円など安い金額で済みますが、当日だと1000円はキャンセル料金がかかります。
予約する場合は真剣に考えてから予約をするようにしましょう。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする