スマートexの領収書を解説!駅での発行や印刷、pdf、変更やキャンセルなど

この記事では、スマートexの領収書について説明しています。
スマートexの領収書を駅で発行する方法、pdfと印刷、、変更やキャンセルの方法などを説明します。





スマートex 領収書発行

領収書の表示期間は、予約完了日の翌日から3ヶ月後(23:30)までとなります。
スマートフォンの場合、メインメニューから「ご利用履歴・領収書の発行」をタップします。
その後「Web領収書」にチェックを入れ、照会期間を指定の上「OK 照会する」をタップし、表示可能な購入履歴の一覧表示されるので、希望する購入分の「領収書表示」をタップすると、表示されるので宛名欄に任意の文字を入力し、領収書が作成されます。
印刷する際は、右下に「印刷」ボタンを選択し、発行可能となります。
PCの場合、メインメニューから「ご利用履歴・領収書の発行」を選択します。
次に「Web領収書」にチェックを入れ、照会期間を指定の上「OK 紹介する」を選択し、表示可能な購入履歴の一覧が表示されるので希望する購入分の「領収書表示」を押下。
最後に領収書が表示されるので、宛名欄に任意の文字を入力し、印刷する際は「印刷」ボタンを押下し、発行が完了されます。

スマートex領収書 変更

「今月乗ってないけど、引き落としされるから領収書を乗車日に変更してほしい。」というような場合、スマートEXをご利用した場合、原則として『予約した日』が代金決済日となります。

※インターネット・スマートフォン等で購入した日。
また、払い戻し操作をした時は操作完了日が代金決済(払い戻し)になります。
請求書等では『ご予約日』→『ご利用日』として表示されます。
デビッドカードやプリペイドカードは、決済の仕組み上、予約の変更・払い戻し
の際に一時的に二重引き落としや残高不足の発生があります。
ご利用履歴・領収書の発行はアカウントの【購入履¥履歴・領収書】で履歴をご確認していただき、払い戻し等が反映されていた場合は、クレジットカードの【ご利用明細】が確定の明細なのかご確認ください。確定ではない場合、反映に少々お時間がかかることがあります。

スマートex領収書 印刷

パソコン・スマートフォンから【EXプレス予約】にアクセスし、領収書を画面に表示して印刷することが可能です。
表示方法は、
① パソコン・スマートフォンの【メインメニュー】→【ご利用履歴・領収書の発行】を選択します。
② 【Web領収書】にチェックを入れ、照会期間を指定し【OK 照会する】を選択します。
③ 表示可能な購入履歴の一覧が表示されるので、希望する購入分の【領収書表示】を選択します。
④ 領収書が表示されるので、宛名欄に任意の文字を入力し、印刷するときは【印刷】ボタンを選択します。

※印刷期間内であれば、回数に制限はありません。
過去3か月分(本日分を除く)の履歴を照会できるので、その期間内であれば印刷することは可能です。

スマートex領収書 pdf

パソコン・スマートフォンから【EXプレス予約】にアクセスし、領収書を画面に表示して印刷することが可能です。
表示方法は、
① パソコン・スマートフォンの【メインメニュー】→【ご利用履歴・領収書の発行】を選択します。
② 【Web領収書】にチェックを入れ、照会期間を指定し【OK 照会する】を選択します。
③ 表示可能な購入履歴の一覧が表示されるので、希望する購入分の【領収書表示】を選択します。
④ 領収書が表示されるので、宛名欄に任意の文字を入力し、印刷するときは【印刷】ボタンの所を押すと下にPDFのデータが出てきて、「開く」をクリックすると領収書のPDFが表示されます。
[印刷]をクリックしただけでは印刷はされませんのでご安心ください。

スマートex領収書 キャンセル料

キャンセルに関しては、スマートフォン・パソコンから会員様像が操作による予約の払い戻しをします。
「片道の場合」払い戻し受付時間は5:30~23:30。払い戻し条件は、交通系ICカードでの改札入場前またはきっぷ受け取り前で予約している列車の発車時刻前までとなります。
手数料は「普通車指定席・グリーン車」1名様あたり310円。
「普通車自由席」310円になります。列車発車時刻後の場合につきましては、時刻表に表示された列車発車時刻後は会員様操作による払い戻し操作はできません。
その場合、「列車発車時刻経過後に払い戻しをされた」ものとみなして、乗車日の翌日以降に決まっている(乗る座席によって金額が異なります。)手数料を収受して払い戻します。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする