楽天トラベルのキャンセルを解説!いつまで?電話で?キャンセル料支払いと返金など

この記事では、楽天トラベルのキャンセルについて説明しています。
キャンセル電話といつまでキャンセルできるのか、キャンセル料の支払いと返金、クレジットカードやクーポンはどうなるか、などを説明します。





楽天トラベルキャンセルいつまで

楽天トラベルのキャンセルいつまで行えば良いのかというと、ホテルのキャンセルならホテルごとに決められ、飛行機を使ったツアーや高速バス会社、レンタカー会社によっても違いがあります。
飛行機を使ったツアーのキャンセルはいつまでかというと、21日前までキャンセルをしておくと無料でキャンセルできるようです。
ホテルや高速バスとレンタカーはというと、それぞれのバス会社やレンタカー会社で決められていて、キャンセルできる日にちが、そのホテルや会社によって決まっています。
確認する方法としては、ホテルや高速バス会社、レンタカー会社のキャンセルポリシー見るといつまでにキャンセルすれば料金が発生しないのか確認することができます。

楽天トラベルキャンセル 電話

楽天トラベルでは、オペレーターが対応してくれる電話予約専用のコールセンターの楽天トラベル電話予約センターがあり、そこでホテルなどを予約した場合には、電話でキャンセルすることができます。
しかし、宿泊施設側に直接電話でキャンセルを伝える場合も出てくるようです。
キャンセルは、予約したときにかけた同じ番号にかけ、楽天トラベル電話予約センターのオペレーターにキャンセルしたいことを伝えると、キャンセルの処理をしてもらえます。
宿泊施設側がキャンセル受付を終了している場合は変わってきます。
その場合には楽天トラベル電話予約センター側ではキャンセルできない場合があるようです。
そのときには直接予約した宿泊施設へ電話をかけて、キャンセルすることになります。

楽天トラベル キャンセル料支払い

楽天トラベルのキャンセル料の支払いは、クレジットカードでの場合と、現地での支払いで変わってきます。
クレジットカードでの場合では、キャンセルポリシーに従って、キャンセル料金を差し引いた額が後日返金されます。
現地での支払いの場合では、楽天トラベルを通さずに予約した宿泊施設と直接やり取りすることになります。
キャンセル料金は、宿泊施設のキャンセルポリシーに従って料金を支払います。
支払い方法は宿泊施設によって変わってきます。
楽天トラベルとの違いは、現地での支払いの場合は料金の徴収は宿泊施設の判断になり、キャンセルポリシーに従ってキャンセル料金を取る場合と、キャンセルポリシーは書かれていても、取らない場合もあるようです。

楽天トラベルキャンセル 返金

楽天トラベルでキャンセルした場合、先にクレジットカードで事前決済したときの返金については、キャンセル処理が行われた時点で、クレジットカード会社に返金の処理が行われます。
しかし返金されるタイミングについては変わってくるようなのです。
それは、クレジットカードによっては締め日が異なってくるので違いが出てきます。
キャンセルした月に相殺される場合と、一旦請求が来てからそのあとで、返金されるという二つの場合があります。
一旦請求げ来てからあとで返金される場合では、一ヶ月から二ヶ月後くらいに返金されたり、あるいはマイナス処理がされるようです。
また返金されるタイミングは、楽天トラベルに問い合わせても分からないようです。

楽天トラベルキャンセル クーポン

楽天トラベルで予約したあとで、クーポンがあることに気付いたときには、クーポンを取得してからキャンセルをして再度同じ予約をするとお得です。
しかしクーポンを手に入れて、楽天トラベルからキャンセルして、再び直ぐに同じ部屋を予約しようと考えて予約しようとすると、ネット予約の画面上では既に埋まっている場合があります。
そのときには、宿泊施設に連絡すると埋まってしまっているかどうかの確認が取れます。
それは、楽天トラベルからキャンセルの通知が宿泊施設に届いていても、宿泊施設側が再販のボタンを押していないので表示されていないことがあります。
キャンセルしクーポンを利用するときには、事前に宿泊施設に連絡をしておくと良いようです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする