衛生管理者試験日と解答速報や合格発表について説明します!

この記事では、衛生管理者試験について説明しています。
衛生管理者試験の試験日と解答速報、合格発表について説明します。





衛生管理者試験日

衛生管理者とは薬剤師の仕事の中にも特別衛生管理という仕事があるところもあるし、化粧品の品質や衛生管理をするために、仕事で求められている人材になります。
衛生管理者になるには衛生管理者試験というものがあり、衛生管理者に合格すると大手の企業の衛生管理の仕事に携わることが出来ます。
試験日はどこで確認出来るかというと、公益財団法人安全衛生技術試験協会というサイトから確認が出来て、試験の日程から次の試験日が分かります。
このときに第一種試験日と第二種試験日があるため、第一種と第二種の試験日は違うため、よく確認するようにしましょう。
関東センターの場合は9月は第一種は9月3日、9月12日、9月25日にあります。
各地域それぞれ日程が違い、試験会場によって試験日も若干異なります。
衛生管理者の試験日は1年に数回ではなく、毎月1ヶ月の間に何回か行われます。
今表に載っているのは令和2年3月までの情報だから令和2年4月からは新しい試験日の情報に変わります。
試験日は関東センターは月に3回や4回ありますが、北海道センターや九州センターは1ヶ月に1度のときもあるため、よく日程を確認してから行動するようにしましょう。
令和2年の3月はどの試験センターも2日以上は試験日があります。

衛生管理者解答速報

衛生管理者の解答速報は先ほどと同じサイトで確認することが出来ます。
左に項目がいくつかあるから、その中から公表試験問題をクリックします。
クリックすると試験問題が前期と後期で分かれています。
今度の10月に掲載されるものは次の試験問題の内容ではなく、1つ前に行われた試験問題を掲載しています。
第一種は現在2つ過去問題を見ることが出来るし、第二種も2つ過去問題を見ることが出来ます。
まだ第一種と第二種どちらが難しいのかこれから受けるときにまだ知らないことが沢山ある人は試験問題を見て受けるのも参考になります。
基本は文字で書くものではなく、番号を選んで選択する形式になります。
試験にあった過去問題が書かれたものはインターネットだけではなく、過去問題を購入して調べる方法もあります。
インターネットには過去問題が複数あるから苦手だったところはもう1度勉強し直し、次の試験に向けて頑張ることも出来ます。
速報としても役立ちますが、まだあまり試験を行っていない場合は、テキストの代わりとして勉強することも出来ます。
これよりももっとすぐに速報を知りたい場合は、個人の掲示板やコメント、Twitterなども一部参考になります。

衛生管理者合格発表

衛生管理者の合格発表はセンターに行かなくてもインターネットから見ることが出来ます。
まず先ほどの安全衛生技術試験協会のサイトを見て最新の合格者の項目をクリックします。
今開いているページだけでは合格者が誰なのか分からないため、真ん中に地図が書かれているので地図のところから各センターをクリックします。
フレーム右の方を下にスクロールしていくと、関東のセンターでは第一種と第二種の受験番号が表示されています。
この4桁の番号が合格した人になります。第一種と第二種は試験日が複数あるため、よく下までスクロールして確認するようにしましょう。
よく右を見ると試験日が書かれているから、該当する試験日の中にある受験番号が書かれているか確認するようにします。
ここに載っていれば合格したことになるし、逆に載っていなければ不合格になります。
不合格した人はまた試験を受け直し、受験しなければいけません。
他の各地域のセンターも関東と同じような書式やスタイルで合格者一覧が掲載されています。
会員登録や何かの登録はないため、誰でも確認出来るし、知らない人からも逆に確認することが出来ます。
自分の合格は他人に頼むよりは自分の目で見て確認することをおすすめします。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする