うつ病克服するには…その方法を解説!本やマニュアルなどのきっかけについて

この記事では、うつ病克服するには…その方法を説明しています。
うつ病克服本やマニュアル、その他うつ病を克服するきっかけを紹介しています。





うつ病克服 きっかけ

うつ病を克服するきっかけは、ほんのささいなことが功を奏する場合があります。
例えばいまの気分を変える「ほんの少しのむり」がつくれるかどうかです。
どうしてもしなければいけないことを自分でつくる、うつになると、どうしても外出には二の足を踏んでしまいます。
そんなとき、例えば興味のある資格試験に申し込んでみるなどはどうでしょうか。
いまはたくさんの資格試験があります。
色彩検定や漢字検定などがそうです。
試験日にはどうしてもいかなければならないし、勉強もしなければいけないです。
人と会話する必要などはありませんし、興味がある分野なら勉強も苦にならないです。
うつ病を克服したい、現状のままではダメだといくら思っていても、自分で行動するのは難しい。
そんなときはだれかやシステムの力をかりてみてはいかがでしょうか。

うつ病克服するには

うつ病を克服するには、とても大切な考え方があります。
それは「自分のせいではない」ということ。
うつ病になると、「こんな自分」と、自分を信じる気持ち、つまり自己肯定感が下がります。
全ては自分のせいと自分を責めがちになります。
でも、あなたのせいではありません。
あなたは十分に頑張りました。
できない自分を許してあげること、そして大切な家族の存在に気づくこと、それがうつ病を克服するために一番必要なことなのです。
自分ひとりを責めないで、大切な人に迷惑をかけてしまいましょう。
それをあなたの大切なひとは待っているかもしれません。
あなたの役にたてることが本当にうれしい人がそばにいることを認識することが非常に大切です。

うつ病克服した人

うつ病を克服した人は、自分ひとりだけで克服した、という人はほぼいないのです。
あなたがお父さんなら愛する子供や奥さんの存在があります。
あなたが未婚なら大切なお父さん、お母さんがいます。
おじいちゃん、おばあちゃん、親戚のおじちゃん、おばちゃん。
身寄りがないひとは民生委員さんやボランティアの方、だれかしらの力をかりましょう。
相談ダイヤルなどでも、親身に相談にのってくださいます。
わからないことはわかる人に聞くのが最も問題の解決の早道です。
あなたはうつ病を克服したことは現在のところできていませんが、克服できた人、克服する方法を知っている人が必ずいます。
あなたにあったそんな先輩がいることをどうか信じてくださいね。

うつ病克服本

うつ病を克服するためにおすすめの本は、「もっとがんばれ」「こうしなさい」的な自己啓発本ではなく、そっと背中をおしてくれるような、励ましてくれるような本をおすすめします。
たとえば本田健さんの一連の書籍、なかでも一番のおすすめは「きっと、よくなる」です。がんばらなくていい、肩の力が抜けて、生きる希望が湧いてくる本です。
たくさんの自己啓発本がありますが、ノウハウ系やガテン系のものはおすすめしません。
あまりむずかしい文体でかいてあるものもNGです。
まずは手に取って文体がよみやすいか、字が適度な大きさで小さすぎないか。
細かく章にくぎってあって読みやすいか、などでご自分にあった本をお選びいただくことが大切です。

うつ病克服 マニュアル

うつ病克服のマニュアルとして、まずはあなたにすごくマッチした方法がかならずあると信じてください。
一生抜け出せない出口のない深い深い地下迷宮などではなく、一時的に迷い込んだけど出口のかならずあるトンネルだとしんじてください。
そして克服したひとはたくさんいるし、自分もそのひとりになると信じてください。
もうだめだとおもうし、気力がまったくわかないかもしれません。でもそんなあなたをささえてくれる家族やだれかが必ずいます。
まずは「自分のせいではない」とおもい「抜け出せないトンネルではない」と考え「ぬけだす方法をだれかに聞く」ことを「行動」してみてください。
じぶんから行動することはむずかしければ、資格試験やなにかシステムのちからをかりましょう。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする