滑舌改善グッズを紹介!割り箸やアプリを使った滑舌改善の方法

この記事では、滑舌改善グッズを使った滑舌改善の方法を紹介しています。
割り箸やアプリを使った方法も紹介します。





滑舌改善グッズ

滑舌改善グッズには、VOICE MAKEというものとBe-Voというものとキープアップスタートという商品があります。

VOICE MAKEは、15年もの歳月をかけて有名ボイストレーナーの上野直樹が開発したものです。
このVOICE MAKEをというものもをつけて発声練習を行うと、驚異的に滑舌が良くなるようです。
滑舌の練習をするときには、両奥歯でしっかりと噛んで固定することで練習ができます。
それで発声することで、喉や顎を鍛え良い声が出るようになるようです。
また、前歯で噛むことで発音ができる練習方法もあるのが特徴です。

さらにBe-Voというグッズは、上野ヴォーカルアカデミーが独特で開発した商品です。
滑舌改善への効果は抜群と言われ、声の通りも良くなり人と話すときにも自信が持てるようになるようです。
また、舌を鍛えることができるのも特徴です。
さらには顔のゆがみが矯正されるという効果もあると言われています。

キーアップスタートは、舌の根元を鍛える滑舌を改善してくれる商品です。
上顎にセットするように咥えて舌を使って押し上げることで鍛えられ、滑舌改善へと導いてくれます。
そして、口周りの筋肉を保つ効果もあると言われています。

滑舌改善 割り箸

滑舌を改善するためには、割り箸を使った滑舌の練習が効果的で二種類あると言われています。
割り箸がなぜ滑舌の改善に役立つのかというと、割り箸を使うことで自然と喉が開き、顎の力が抜けて、舌の可動範囲が広がるという効果があります。

一つ目は、二本の割り箸を八の字にして咥える方法です。
このときに使うのは、割っていない状態の割り箸です。
その二本の割り箸を縦にして、太いほうを左右両方の奥歯で咥えます。
ポイントとしてはあまり力は入れず、八の字になるようにして咥えます。
もう一つは、一本の割っていない状態の割り箸を横にして奥歯のほうで咥えるやりかたです。
そして割り箸を使った練習方法としては「あいうえおあお」という感じに、五十音順に割り箸を咥えたままで発声練習のように言うと、滑舌の改善の練習になります。
また、「らたなかさ」をはっきりとゆっくり割り箸を咥えたままで発音するのも効果的です。
この五文字は苦手としている人が多いようなのですが、練習には最適のようです。
さらに、はっきりと「らあ、たあ、なあ、さあ」と割り箸を咥えながら言うことで舌を鍛えることができ、滑舌の改善へ繋がります。
そして、これらの発音方法のどれかを割り箸を咥えた状態で一日一分行うことが大切のようです。

滑舌改善アプリ

滑舌改善アプリには無料と有料のアプリがあり、日常生活の中で行える軽い滑舌練習から本格的なトレーニングまでと幅広い滑舌改善方法が紹介されているさまざまなアプリがあります。

声優滑舌アプリでは無料のアプリで、スマートフォンの画面に表示された文章を端末に向かって読み上げるというもので、ゲーム感覚で気軽に滑舌のトレーニングを行うことができます。
コエトレ-発声練習張-というのは有料のアプリで、本格的な滑舌トレーニングアプリです。
発声法から滑舌の基礎練習まであり、声優や役者を目指す人ではなく、日常的な滑舌改善を行いたい人に向いているアプリです。
ビジュアルもテキスト主体の落ち着いたものなので、高齢者でも抵抗感なく利用できるようです。
早口言葉-滑舌を試せるゲームアプリ-は無料のアプリで、スマートフォンの音声認識と連携して早口言葉の精度をテストしてくれるアプリです。
隙間時間に早口言葉の練習ができるので、舌のトレーニングをしたい人には向いているアプリのようです。
Voice Checker Free-シンプルで簡単なボイスチェッカーというアプリは無料で、自分の声を録音してその場で直ぐ確認できます。
とてもシンプルで、自分の滑舌を確認したい人にとっては使い勝手が良さそうです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする