ピアノ運指表について。ピアノの運指法や運指トレーニングも紹介!

この記事では、ピアノ運指表について説明しています。
ピアノの運指法や運指トレーニングの方法も紹介します。





ピアノ運指表

ピアノを習いたての初心者の場合は、まず鍵盤を弾く際の指の使い方をマスターすることが大切です。
この指運びのことを「運指」と呼びます。
ピアノの楽譜には「どの指で音符を弾けばよいのか」が記入されているものもあり、この指番号の指定通りに弾くことで、指運びに悩むことなくスムーズに曲を弾いていくことができます。
具体的には、ピアノの運指表は左右の指共に「1が親指、2が人差し指、3が中指、4が薬指、5が小指」となっています。
ピアノ初心者用の楽譜には運指の番号が記入されているので、まずはこの運指表を見ながら指定通りの指運びができるように練習しましょう。
ピアノの鍵盤は全部で88鍵ありますが、運指を覚えるとによって左右5本の指だけで途切れることなく滑らかに曲を弾けるようになります。
左右どちらの指で弾けばよいのかは、「ト音記号が書かれた上の段の音符は右手の指」、「ヘ音記号が書かれた下の段の音符は左手の指」で弾きます。
鍵盤の位置の関係化から、基本的に右手の指は左手の指よりも高い音を弾くこととなります。
まずは運指が書かれた楽譜でしっかりと基本を身につけておくことが、ピアノ上達の第一歩です。
十分に慣れてくれば運指が書かれていない楽譜でも、弾きやすい指運びを自分で自然に考えられるようになっていきます。

ピアノ運指法

ピアノの運指法は、「スムーズに演奏できること」が目的となっています。
運指の番号が記入されていない楽譜で演奏する時は、まずはじめに自分で弾きやすいように、運指番号を書き入れるとよいでしょう。
あらかじめ運指の番号を記入しておけば、演奏しながら指運びを考えなくてすむようになります。
この時のポイントは、指の運び方に無理がなく、手の移動が少なくなるように考えることが大切です。
その上で、メロディーラインがなるべく途切れないように弾ける指運びを記入していきましょう。
手の指の長さは、年齢や性別によってかなり異なります。
全ての人に共通した弾きやすさというものはないので、自分の指の長さに合わせた指運びを考えていけばOKです。
はじめは試行錯誤することが多くなりますが、慣れてくれば自分の弾きやすい指運びが自然と身についてきます。
また初心者レベルを卒業してくる頃には、親指を別の指にくぐらせたり、またいだりして演奏する必要も出てきます。
同じ音を連続して弾くときに、途中で別の指に置き換える方法もあります。
この指くぐりや置き換えの運指テクニックを使いこなせるようになると、指のポジション移動がとても自然に行えるようになり、幅の広い音域の曲をスムーズに弾きこなすことが可能になります。

ピアノ運指トレーニング

ピアノの運指のトレーニングでは、練習用の楽譜が乗った教本を用意しましょう。
その教本に載っている曲を実際に演奏しながら、ピアノの運指をマスターしていきます。
練習教本は、「運指の基本をしっかりと練習できるもの」と「自分が弾きたいと思える好きな曲」が載っている2冊を用意するのがおススメです。
基本の練習用としては、『バイエル』が有名です。
ピアノ初心者の方は、たいていこの曲で練習しています。
しかし練習用の教本だけだと、行き詰ったり飽きてきたりした時に、練習へのモチベーションがどうしても落ちてしまいます。
そういう時に好きな曲が載っている教本で気分転換をするのは、とても効果的です。
ただしいくら好きだといっても、弾くのがとても難しい曲はトレーニングには向いていません。
運指トレーニング用の楽譜で、楽しい曲が載っている教本も今ではたくさん販売されています。
そういったものの中から、好きな曲が載っているものを選びましょう。
また運指は独学でマスターするのはなかなか難しいものなので、ピアノ教室に通ったり、自宅まで教えに来てくれるピアノ教師に依頼するのも良い方法です。
プロの先生の指運びを実際に見せてもらうのは、何よりも良い勉強になります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする