ピアノの独学練習法を解説!子供のための教材やアプリ、ピアノ独学マスターガイドなど

この記事では、ピアノを独学で練習する方法について説明しています。
子供のための教材やアプリ、ピアノ独学マスターガイドなどを紹介します。





ピアノ独学 練習法

ピアノ独学で練習法としては姿勢は正しくし、指の基礎練習をし、楽譜の読みかたを覚え、鍵盤を理解することが方法です。
椅子の高さや手の形、足の置き方を正しくすることで指を上手く動かせるようになり、さらに疲れにくくなることで上達できるようです。
基礎練習は指の動きです。
ピアノを弾くために重要なのは指を鍛え少しでも自分の指の動きが滑らかになるようにすることで、根気良く続けることが大切です。
また、楽譜の読みかたは音符の位置を覚え、位置が分かったら楽譜にドレミと書いてみることが大切です。
それが分かったから実際にその音が鍵盤のどの位置にあたるのかを覚えていくと良いようです。
鍵盤の位置が曖昧な場合は、ドレミと書かれたシールを鍵盤に貼るのもピアノを独学で学ぶ練習方法のポイントです。

※ピアノの運指についての新しい記事はこちら
「ピアノ運指表」について書いた新しい記事へのリンク

ピアノ独学 子供

ピアノを独学で子供が学ぶ場合では、親の努力も必要になりますが可能です。
特に音楽の基礎知識を持ってる親の家庭ではピアノを独学で子供が学ぶことは可能です。
また子供は何に対してもまっさらな状態なので、何度も繰り返すことが必要になります。
そうすることで、体と脳に記憶されて少しずつピアノを弾けるようになります。
子供が独学でピアノを学ぶのは少し時間も掛かるようですが、音の名前や鍵盤を覚え、繰り返すことで楽譜に書かれていることを理解していき、指の運動も体が覚えていきます。
また、子供が好きな曲があればその曲から始めるのも良さそうです。
そして子供が親と一緒に独学でピアノを学ぶことで同じ目標に向かって試行錯誤できるので、その時間は親子のコミュニケーションとしても深くなります。

ピアノ独学 教材

ピアノを独学で学ぶ教材として、大人のためのピアノ独学用楽譜がたくさん出版され全くの初心者でも安心して取り組めるようになっています。
普通の楽譜と違うところとしては、ピアノを引く前に知っておきたい基本が、絵や写真などを用いて丁寧に解説がされています。
また、字や楽譜が大きくて見やすく、練習方法や演奏目的についても一曲一曲についての解説がついています。
さらには、CDやDVDが付属で付いてくるくるものもあります。
そして一から一人でも勉強できるように、ピアノを弾くための姿勢から指の使い方、音符の説明な曲の説明が書かれています。
また、独学でも学べるように練習の仕方や曲のポイントなどが細かく書かれているのも特徴です。

ピアノ独学 アプリ

ピアノを独学で学ぶアプリがあり、ミニゲームのようなものからレッスンに役立つアプリまである上に、無料のアプリもあります。
ピアノ独学アプリのメリットとしては、移動中などでも練習ができて便利です。
アプリの中には録音と再生ができるものがあり、鍵盤を4オクターブ使うことができたり、鍵盤の幅が調節できるものもあります。
また、ゲーム感覚のアプリでは音符を見ながら正確に鍵盤を押すことで、タイミングのトレーニングや鍵盤や楽譜を覚えることができるものもあります。
さらには、自分の演奏を保存できたり練習量を管理できるアプリもあり、保存した演奏を家族や友人に共有できる機能があるアプリもあります。
また、メトロノームの機能を持った無料のアプリがあり、メトロノームの無い場合では役に立つようです。

ピアノ独学マスターガイド

ピアノ独学マスターガイドは、初心者や中級者に向けた独自のピアノ習得プログラムで、さまざまな練習方法が紹介されたピアノ練習DVDです。
ピアノ独学マスターガイドは、監修しているのが国立音楽大学を卒業し多くのリサイタルなどの経験を持つ四人で、その先生が講師となり教えてくれます。
そして指の使い方、タイミングの取り方などピアノの上達に必要なプログラムでレッスンしてくれるようです。
さらに、ピアノ独学マスターガイドでは小学生から大人まで、幅広い年齢で飛躍的に結果が出ているのも特徴です。
また、多くの時間を必要とする練習方法ではないのも特徴です。
それなので、限られた時間しか取れない社会人でも取り組める練習メニューになっているようです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする