イビキ改善策を解説!運動や筋トレ、ツボやいびき改善センターなど

この記事では、イビキ改善策について説明しています。
運動や筋トレ、いびき改善に効果のあるツボやいびき改善センターなどを紹介します。





イビキ改善策

イビキの原因が「風邪などによる鼻づまり」等の一時的なものであれば、体調の改善と共にイビキも治まっていくので心配はありません。
しかし喉の気道が常に狭くなっていたり、睡眠時に一時的に呼吸が止まってしまったりといったことが、イビキの原因となる場合もあります。
こちらの場合は、原因をきちんと改善していかないといけません。
イビキ改善策としては、運動や筋力トレーニングによって喉の気道を広くしたり、筋力をつけて呼吸運動をしやすくしたりといったことが挙げられます。
またイビキの裏には、重い病気が隠れているケースもあります。
いつまでもイビキが改善しなかったり酷くなっていく場合は、病院やクリニックで一度診察してもらうことが大切です。

いびき改善 運動

いびきは運動によって改善する場合がとても多くあります。
まず太っていると、舌や喉の内側にも脂肪がついてしまうのです。
すると脂肪で喉の気道が圧迫されて狭くなるため、いびきをかきやすくなります。
また太っている方は寝返りがしづらく、仰向けに寝がちです。
仰向けだと舌が喉の方に落ち込んでしまい、これも気道を狭くする原因となります。
呼吸がしづらくなると空気を確保しようとして、無意識のうちに口を大きく開けて口呼吸をしようとします。
これが更なる大きないびきを誘発してしまうのです。
このため肥満体系の方は、まず運動によって脂肪を減らして標準体型へ近づけるのが第一のいびき改善法です。
脂肪を減少させて喉の気道への圧迫を少なくすると、空気が喉を通りやすくなって、いびきがおさまる場合が多々あります。

いびき改善 筋トレ

いびきの原因の一つとして、舌や喉の筋力が弱くなっていることも考えられます。
呼吸も筋肉の運動によって制御されているので、舌や喉などの口周辺にも筋力が必要なのです。
若いうちは筋肉も育ちやすく、口周辺の筋力が弱まってしまうことはあまりありません。
しかし加齢とともに全身の筋力が落ちやすくなるのと同様に、口周辺の筋力も弱くなっていくのが自然です。
このため肥満でない方が歳を取るにつれいびきが出てきた場合は、喉周辺の筋力の衰えを疑ってみるとよいでしょう。
改善法は、口を大きく開け閉めしたり、口の中で舌を上下左右に動かすなどして、口周りの筋トレを行ってみるのがおすすめです。
また全身の筋肉、特に腹筋をトレーニングすることで腹式呼吸を身につけ、呼吸自体をしやすくすることもいびき改善には役立ちます。

いびき改善 ツボ

軽いいびきや鼻詰まり等による一時的ないびきは、「ツボ」を押すことでいびきが和らぐこともあります。
まず鼻の気道を広げて、空気の通りをスムーズにするツボとして、「迎香(げいこう)」があります。
このツボは小鼻の両脇にあるので、両手の人差し指で左右それぞれの迎香を押さえてみましょう。
その状態で深呼吸を20回前後繰り返せばOKです。
また「人迎(じんげい)」といって、首周辺の血行を改善されるツボも、いびき対策におススメです。
人迎のツボは喉仏から指2本分ほど外にあり、軽く押さえてみると左右に脈拍が感じられます。
ここを親指と人差し指で、軽く左右に50回ほどゆすってみましょう。
ツボはあまり強く押しすぎると逆効果で、体を痛めてしまいます。
優しく刺激する程度にとどめておくことを心がけましょう。

いびき改善センター

いびきの裏には、病気が隠れている場合も少なからずあります。
いつまでもいびきが続く場合は、医師の診察を受けることが大切です。
近年ではいびきに関連する病気の研究も進んできており、「いびき改善センター」のようないびきに特化した診療機関も増えています。
病院やクリニックでいびきを診てもらう場合は、こういったところに行くのがおススメです。
いびきの中には「睡眠時無呼吸症候群」といって、睡眠中にほんの短時間だけ呼吸が止まってしまう病気が原因となっているケースもあります。
いびき改善センターのような診察機関なら、こういったこともしっかりと検査してもらえます。
いびきは原因をしっかり確認して対処すれば、改善させていくことが可能です。
酷いいびきで悩んだら、一度専門機関での診察を受けるようにしましょう。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする