音痴改善方法を解説!ボイトレ教室やアプリと期間について

この記事では、音痴を改善する方法について説明しています。
ボイトレの方法やボイトレ教室、アプリを使った音痴改善方法と期間について説明します。





音痴改善 方法

音痴とはそもそもどの状態かご存知でしょうか?
音痴の特徴から改善方法も分けていきます。
大きく分けて3つの種類があります。

・リズム音痴
名前の通りテンポが早くなったり遅くなったり。また一定のリズムを刻むことができても
つまらないグルーブになったりします。
そこで好きな曲に合わせて手を叩く。
それができたら裏のリズムを叩いてみる(実際プロのボイトレでもやりました)
それもこなせたら4小節の中で3泊目を叩いてみたり・・・。
好きな曲なら楽しくトレーニングできます。

・音程音痴
一般的に言われる音痴の代表です。
音程が外れたり、特定の音程やフレーズになると音が取れなかったりすることがあります。
一音一音をピアノで確認しながら練習して行くことが大切です。
よく音を聞いて自分の中で歌いながら手で「この音はここかな」と表しながら歌うとよりどこの音に当てているのかわかるようになります。(某歌モノマネタレントも実践しています)

・発生音痴
一定の音域は歌えていても高音域になると声帯を締め付けて歌ったり低い音域だと苦しそうな発声になってしまう場合のことを指します。
腹式呼吸など正しい呼吸法、発生方法を身につけることが大切になります

全体的な音痴改善方法として
鼻歌(ハミング)で歌うことも進められています。
そして歌う曲をきちんと聞いてどの楽器がどこでなっているか
どこでブレスをしているかなどしっかり聞くことから始めましょう。
そして腹筋なども大切になります。

音痴改善 アプリ

リズムは歌う上でとても大切なものになります。
そこで一定のテンポの裏をとる練習のために
メトロノームを使うこともお勧めします。

【使いやすいテンポアプリ】
Smart Metronome
正確なテンポを刻み続ける! 曲・バッキング練習をしたい人向けアプリ
https://app-liv.jp/889571826/

メトロノーム
耳と目でリズムを体に刻めるメトロノームアプリ
https://app-liv.jp/540427956/

やはり歌い込むことが大事。
カラオケアプリで何度も練習しましょう

【おすすめカラオケアプリ】
Smule
– ナンバーワンの歌アプリ
https://app-liv.jp/509993510/

カラオケJOYSOUND+
14万曲以上歌えるカラオケボックスに大変身?
音程グラフを見ながら歌える!!
https://app-liv.jp/498454880/

音痴改善 ボイトレ

音痴の人はまず音を細く聞くことから始めましょう。
歌だけに集中して聞けば改善されるともうのは落とし穴。
何の楽器がどのようになっているのかしっかり音楽を聴くことが大事です。
それから正しい呼吸法を学び、正しく歌うための筋力をtけることも大切です。
正しい呼吸とは「腹式呼吸」これを毎回やるだけで歌うための筋力もついていきます。
最近では鼻腔共鳴を使った歌い方が喉の負担を減らすとされています。
そこで代表的なトレーニング方法は「リップブレス」です。
唇と唇をくっつけながらお腹を使って息を吐き「プルルルル」と音程は歌に合わせます。
自動的に鼻腔共鳴、腹式のトレーニングになります。
またアーティストのモノマネすることも一つのトレーニング方法です。
表現方法の引き出しが自然に増えていきます。

音痴改善 教室

オススメのボイストレーニング教室

【VOAT】
https://www.voat.co.jp/
ソニー、avex、ビクターなど数々のデビュー実績があるボイストレーニング(ボイトレ)ならボーカルスクールVOAT。
カラオケ上達からプロ志望まであなたのレベルに最適な発声練習?ボイストレーニング(ボイトレ)といった様々なレッスンが受けらる教室です!
大手レコード会社からデビュー実績多数。
プロコースや一般コースがあり通いやすいスクールになっております。

音痴改善 期間

やる気次第で音痴の改善が早くなります。
と言いたいとこですが個人差があります。
個人差といってもスキルというよりは自分の弱点にいち早く気付けるか、自分にあった練習方法をいち早く見つけられるかによって左右されます。
普段から音楽の聴き方を変える(ボーカルだけでなくて周りの音を聞く)ことから始め、ボーカルスクールの体験レッスンに行き自分の弱点を教えてもらうこともいいかと思います。
基礎を身につければ練習あるのみです。
あるアーティストは言いました。
「自分の歌にするには最低でも100回は歌わないといけない」
早く音痴改善したい気持ちもわかりますが本当に音楽が好きなら気長に歌い続けることが大切だと思います
期間というより経験が大切です。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする