ペーパードライバー講習を解説!高いor無料、何時間、土日、子連れも可など

この記事では、ペーパードライバー講習について説明しています。
ペーパードライバー講習って高いイメージがありますが、無料の講習や、何時間かかるのか、土日や子連れも可のペーパードライバー講習などを紹介します。





ペーパードライバー講習 高い

ペーパードライバーの講習料金って高いイメージがある方に向けて、どれくらいの値段で受けることができるのかご紹介していきます。
具体的にペーパードライバー講習の相場は、120分で10000円~15000円というところが多いです。
しかし、講習には、2つの種類が存在します。
このどちらかを選ぶかによって若干値段の差が出てきます。

まず、教習所型と呼ばれるものです。
こちらは、免許を取りに自動車学校に通ったように、教習所に行って習うというスタイル。

もう一つは、出張型と呼ばれるもので、自宅まで先生が来てくれるスタイルです。
出張型の場合、教習車を利用するなどで、値段が少し高くなる傾向にあります。
教習所で、マイカーを使うと割引を適用してくれるところもあるので要チェックですね。
正直、人気が高いのが出張型です。
そもそも、家から教習所まで行けるなら苦労しませんからね。

ペーパードライバー講習 無料

ペーパードライバーを抜け出すためにお金をかけたくないと思っている方に向けて、無料でできる講習や方法についてご紹介したいと思います。
一つが、友人や知人を乗せてのドライブや広い土地での練習が挙げられます。
これが一番無料だし手取り早いと思うのですが、プロではないので時間がかかりますし、自信を持って運転することはできないかもしれません。
プロの講習を無料で受けたいという方にご紹介するのが、タイムズレッスンというものです。
あのパーキングのタイムズが主催しているイベントで、無料で駐車講習を行ってくれます。
簡単なアンケートに答えるだけなのでとてもお得ですよ!
最後に、自分が卒業した自動車学校で3年以内などの縛りはありますが、無料でペーパードライバー講習をしてくれているところもあります。
これに関しては実際に調べてみるのが一番かもしれません。
以上が、無料でペーパードライバーが講習を受ける方法でした。

ペーパードライバー講習 何時間

ペーパードライバー講習の大きな特徴として、免許取得時と違い、自分が納得した時点で教習終了という点にあります。
そのため、ペーパードライバー具合によってかかる時間が変わってきます。
平均的には、10時間ほど運転すると自信がついて大丈夫という人が多いです。
また、1時間ごとにコマを組んで自分のライフスタイルに合わせて受けることも出来ます。
なので、仕事の合間を縫ってゆっくりと20時間かけて運転の自信を取り戻すのもありですし、休みやまとまった期間に10時間集中的に終わらせるのもありなのですが、それだけ1時間あたり5000円ほどの料金がかかってくるのでそれを考慮した受講をしたいものですね!
必ずしも10時間かけないといけない訳でもないので、時間ももちろんのこと費用の面からも自分に合わせた受講スタイルをお勧めします。

ペーパードライバー講習 土日

ペーパードライバー講習を受けようと思っている方に出てくる問題の一つが平日は仕事に追われていて時間がないという点が挙げられます。
そんな方にお勧めなのが、土日のペーパードライバー講習です。
この土日講習を実施している教習所はとても少なく限られてしまいます。
また、値段も平日よりも1000円ほど割高になっているところが多いです。
しかし、自動車学校などの教習所以外にも、県で実施している運転教習センターというのがあるのですが、そちらでは、日曜や夜間でのペーパードライバー教習をしてくれるところが多いです。
料金は、自動車学校よりも安いものがあるのでこちらも検討してみると良いでしょう。
こちらにご紹介したように若干割高になるものの、平日は受けれないから、土日に受けたいという方にも講習は用意されているので安心してくださいね!

ペーパードライバー講習 子連れ

ペーパードライバーの方に多いのが、結婚してから、夫の運転ばかりで自分は運転してこなかったという奥様方です。
一人の時であれば、電車やバスなどの公共交通機関を駆使して目的地まで向かっていたのが、子供が生まれ、目を離せなくなっている時にバスや電車に乗ると周りに迷惑が掛からないか気になりますし、何かと車は便利なものです。
そんな方にご紹介したいのが、子連れでも受けることができるペーパードライバー講習です。
料金は、通常料金よりも高くなってしまうものの、専属の女性スタッフがお子さんの隣にチャイルドシートとともに座ってくれるので安心して講習を受けることが出来るのでとても人気です。
専属のスタッフがいない場合は、お子さんが泣いたりして、集中できないこともあるので注意が必要です。
しかし、お子さんがいるからといって諦める必要は全くないですよ!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする