強迫性障害の治療について解説!本やハンドブック、病院と治療薬や期間など

この記事では、強迫性障害の治療について説明しています。
強迫性障害治療のハンドブックや本、病院と治療薬、治療期間について説明します。





強迫性障害治療 本

「強迫性障害」とは、「不安・不合理な考えが頭から離れず、それから逃れるために同じ行動を繰り返さずにはいられない」といった症状が出る障害です。
この強迫性障害は症状を自分で抑えるのは難しいことが多いため、日常生活にも支障が出てしまいます。
このため症状についてきちんと理解して、治療を進めることが大切です。
強迫性障害治療について書かれた書籍も多くのものが出版されていて、それらを読んで理解を深めるのもおすすめです。
書籍については一般の方々に向けた入門的なものから、より専門性の高いものまで様々なタイプがあります。
強迫性障害治療の本を探す時は、自分が求めている情報はどのくらいのレベルのものなのかを考えた上で選んでいくとよいでしょう。

強迫性障害治療 ハンドブック

強迫性障害は人によって症状が様々に異なるので、周囲の理解がなかなか得られにくいところも、患者本人の大きな悩みとなっています。
このような状況を改善するために、病院やクリニックの待合室や情報コーナーで強迫性障害治療の冊子等が配布されているところも増えています。
小さな子供向けに書かれた簡易なものなどもあるので、病院やクリニックに行く場合はそういったものがないか、スタッフに尋ねてみるのもよいでしょう。
また「強迫性障害治療ハンドブック」等の、精神科の医師が書いた書籍も色々と出版されています。
強迫性障害の治療のためには、きちんとした理解が重要になります。
これは患者本人だけでなく、家族にとっても同様です。
家族や周囲の方々が冊子やハンドブックなどで強迫性障害治療の勉強をするのも、患者本人の治療の助けとなるでしょう。

強迫性障害 治療薬

強迫性障害の原因としては、セロトニンの異常が挙げられます。
そこで強迫性障害の薬物療法では、セロトニンを正常に整えられるようなお薬を使用します。
代表的なのはSSRIと言う「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」です。
セロトニンは脳内神経伝達物質の中の一つですが、SSRIはセロトニン系のものだけに作用していきます。
またSSRIは比較的副作用が少ないので、安全性が高いとされています。
SSRIの12週間の継続使用で強迫性障害の緩和が見られない場合は、三環系抗うつ薬「塩酸クロミプラミン」を併用します。
薬が効いている場合でも自分で判断して服用を中止すると、強迫性障害の症状が再発することがあります。
治療中は自己判断せずに、医師の指示に従うことが大切です。

強迫性障害 治療病院

強迫性障害の治療病院については、精神科、心療内科がある病院やクリニックを選択します。
また近年では「強迫性障害専門外来」という、より強迫性障害に特化した外来を開設している病院も増えているので、そちらを探してみるのも良いでしょう。
病院での治療は、心理療法と薬物療法の両輪で治療を進めていくことが多くなっています。
強迫性障害は「過剰な手洗い」や「戸締まりの過剰な確認」等、個人にって症状は実に様々です。
医師やスタッフとよく相談して、自分に合った治療を進めていくこととなります。
このため治療方針などを丁寧に説明してもらえる病院やクリニックを選択すると良いでしょう。
近年ではホームページを開設している病院も増え、強迫性障害の治療方針について詳しく記載している場合もあります。
そういった情報も、病院探しの一つの助けとなります。

強迫性障害 治療期間

強迫性障害の治療では心理療法と薬物療法が行われていきますが、強迫性障害の薬は効果が出てくるまでに時間がかかります。
2か月ほど経ってから徐々に効果が出る薬もあるので、焦らず治療を続けていくことが重要です。
また効き目が出なかったり副作用が辛いからといって勝手に服用を中止すると、症状が悪化してしまうこともあります。
すると治療期間が長引いてしまうこととなるので、自己判断での薬の服用中止は控えましょう。
薬の副作用が辛い場合は医師に相談すると、緩和法などを提案してもらえます。
強迫性障害の症状は、焦らずに長い期間治療に取り組めば、改善していくことが多いとされています。
患者が落ち着いて治療を続けられるよう、本人だけでなく家族や周囲の方々も理解を深めて協力していくことが大切です。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする