介護福祉士勉強の仕方を解説!アプリや勉強ノート、1ヶ月で介護福祉士勉強の方法など

この記事では、介護福祉士資格の勉強の仕方を説明しています。
介護福祉士資格の勉強をいつから始めるのがベストなのか、1ヶ月で介護福祉士の勉強の仕方、介護福祉士勉強ノートやアプリなどを紹介します。





介護福祉士勉強 いつから

介護福祉士の勉強をするならいつからがいいかというと、目安は試験当日よりも3ヶ月前がいいです。
3ヶ月あれば介護福祉士に関する十分な勉強が出来ます。
覚えるのが苦手な人は3ヶ月よりももう少し日数を伸ばして勉強するのもいいです。
1日どのくらい勉強すればいいかというと、3時間から4時間程度がいいです。
1日3時間勉強して3ヶ月続ければ合格するかというと必ずしも順調よくいくわけではなく、不合格になることもあります。
勉強が足りないと覚えるものも少なくなってしまうし、勉強時間が多すぎると集中力も途切れてしまいます。
介護福祉士は学生だけではなく大人になって主婦や仕事をしながら資格を取っている人もいます。
新卒で介護福祉士の仕事に就きたいときは学生から資格を目指すのをおすすめします。

介護福祉士勉強 1ヶ月

本来なら介護福祉士は3ヶ月や多い人は4ヶ月、5ヶ月かけて勉強しますが、時間がない人は1ヶ月で覚えなければいけません。
覚え方を間違えると1ヶ月だけでは合格しないし、覚え方が効率よく上手くいけば1ヶ月勉強して合格出来る場合もあります。
おすすめは過去問題集と、模擬問題集です。
過去問題集は過去に出題された筆記試験と同じものが本になって出され、出題している問題の傾向を考えることも出来ます。
過去問以外の問題を練習するには模擬問題集を買い、どういうところを問題として問われているか読み取ることが出来ます。
教科書を読むだけだと頭に入らない内容が多かったり書いて覚えるわけでもないから実際覚える効率が悪くなります。
教科書を読むのも大切ですが、ある程度覚えたら過去問題と模擬問題を中心的に勉強するのがいいです。

介護福祉士 勉強の仕方

1ヶ月よりももう少しかけて勉強したい場合は過去問題や模擬問題にとらわれず、もう少し効率のいい勉強工夫をします。
おすすめは介護福祉士を取得出来る学校に通う、あるいはテキスト集にDVDがついているものを買って耳で覚えるのもいいです。
学校の説明やDVDの説明はアクセントやポイントの部分を分かりやすく声に出して説明してくれます。
読むだけでは頭に入らないけれど、耳を使えばもう少し頭に入りやすくなります。
耳を使って覚えるのが苦手な場合は書いて覚える方法もあります。
テキスト集と過去問題集を中心的に行い、書いて覚えます。
書いて覚えるのは書いて採点するだけではなく、自分で確認しながら見る、記憶することもしやすくなります。

介護福祉士 勉強ノート

介護福祉士の勉強をしようと勉強するノートを使う人もいますが、あまりおすすめしません。
それは何故かというとノートよりも過去問題集や模擬問題集で勉強する方が効率がいいからです。
介護福祉士は漢検や英検とは違い、仕事に携わってからも大事な内容が入り組んでいます。
ただむやみに単語だけを覚えようとしても試験を勉強したらノートの場合すぐ忘れてしまうからです。
実戦で活用出来ることも大切だし、もちろん試験に合格するのも大事です。
この2つの目的を一緒に効率よく勉強出来るアイテムが過去問題集や模擬問題集など実践の問題が集まった問題になります。
また単語で覚えるよりも文字で文章として覚える方がどうしてなのか、どこが出来ないのかも見つけやすくなります。
ノートよりも問題集の方が効率性があります。

介護福祉士 勉強アプリ

介護福祉士の勉強の仕方として、スマホで勉強アプリを使う方法もあります。
勉強アプリなら無料で何度も問題を解くことが出来るし、自分に合ったアプリやスタイルで勉強することが出来ます。
1番おすすめなものは、介護福祉士暗記カード+過去問解説付アプリです。
何故これがいいかというとまず広告が出ないからです。
勉強していて広告が出ると集中力が途切れやすくなります。
過去問題の解説もあるから過去問題にはどういうものがあるかも確認することが出来て便利です。
次におすすめなのがケアトレのアプリです。
ケアトレは先ほど過去問題集が詰まっているアイテムの条件として当てはまるアプリだからです。
過去問題が3年分あり、解説も詳しく書かれており分かりやすいです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする