o脚を治す方法を解説!立ち方や筋トレ、グッズ、整骨院や手術など

この記事では、o脚を治す方法を説明しています。
o脚を治す立ち方や筋トレ、、o脚の改善に効果のあるグッズ、さらに整骨院や手術などを紹介します。





o脚治す グッズ

o脚を治すグッズには足で使うものや腰で使うものなど、さまざまなo脚を矯正するグッズがあります。
o脚矯正ベルトは、二重になったベルトを膝の下に巻いてひねり効果によって歪んだ膝や足首の補正しo脚を治していくグッズです。
o脚用インソールは、かかとを包み込みながら内側の角度を調整することで膝の曲がりを補正し、クッション層とかかとを強く安定させるシャンクが膝をいたわりながら正しい角度にo脚を治していきます。
o脚専用サンダルは、サンダルの底の傾斜によって本来の正しい重心の位置へ矯正し治すサンダルです。
o脚専用スリッパは、中敷きが内側に傾いていて重心を正しい位置に矯正しo脚を治すスリッパです。
骨盤ベルトは、o脚の人は骨盤が広がっているために巻いているだけでも、o脚を治すことができます。

o脚治す 立ち方

o脚を治す立ち方は、普段から無意識にしている立ち方を、意識しながら立つとo脚は治せるようです。
それは両足で立ち、重心を脚の外側に乗せないで足の裏全体か少し親指寄りに乗せることを、特に意識することが大切になってきます。
心がけたい立ち方のポイントとしては、立つときには両脚のかかとをつけて立ち、つま先は少し間を開け自然な感じに立つと良いようです。
さらに、足の裏全体が地面に着くよう心がけ意識しながら立つことがポイントです。
また、足の親指の付け根に重心をしっかり移しながら立つことも大切です。
そして、お尻の穴をしっかり縮めて引き上げるようにすることで、自然に重心が親指の辺りに乗ってくるのでポイントとなります。

o脚治す 筋トレ

o脚を治す筋トレは、脚の内側を鍛えトレーニングすることで効果が出てくるようです。
立っているだけでも筋トレすることができて、大股に脚を開いていると脚の内側の筋肉が刺激され、o脚を治す筋トレの効果があります。
また足の指を丸めて外側に足を倒したら、その状態を30秒間持続させ、それを1日の中で何回か繰り返しするとo脚を治す筋トレになります。
そして、つま先を90度に開いたら膝とかかとを付けそのままの状態でスクワットをすると、ふくらはぎの内側の筋肉を鍛えることができて、o脚を治す筋トレになります。
さらに太ももの内側の内転筋を鍛えるのも効果的で、脚を肩幅以上に開いたらスクワットすると、内転筋に直接効きo脚を治す筋トレになります。

o脚治す 整骨院

o脚を治すのには色々な方法がありますが、整骨院で治す方法があります。
整骨院でo脚を治すメリットとしては、整骨院によってはo脚専門の治療機器を備えているところがあるからです。
また、整骨院でのo脚を治すと考えると刺激を与えるものというイメージもあるかもしれないないのですが、最近は痛みを伴う治しかたはしていないようです。
脚を正しい形に固定して、脳から筋肉への神経の伝達を促していく施術のようで、痛みはないo脚の治療を整骨院ならしてくれます。
そして、整骨院なら日常生活での過ごしかたをしっかり聞いた上で、根本的に改善できるように施術してくれるようです。
またo脚を治す期間は整骨院に通院する場合は、個人差はあっても10回前後で1週間に1回で問題なさそうです。

o脚治す 手術

o脚が重症化すると、日常生活を送るのが困難になり治すのには手術が必要となります。
o脚を治す手術として知られているのが、下腿の脛の高い位置を切る「高位脛骨骨切り術」があります。
骨を切ったあとには、ギプスや金具などで固定して安定させます。
治るのは最低でも2~3カ月はリハビリの期間がかかるようですが、しばらくすると日常生活に戻ることができます。
高齢者になると、この手術は後遺症の可能性も高くなるようです。
このo脚を治す手術は、手術をすることで痛みが治り外見は綺麗になりますが、時間がかかる問題もあります。
また、骨切り手術を考えている人はo脚の手術を専門に行っている病院があるので選ぶときにはそのようなところが良いです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする