花粉症が治る方法を解説!みかんや食べ物、お茶やジュース、ヨーグルトを紹介!

この記事では、花粉症が治る方法を紹介しています。
花粉症が治ると考えられている、みかんなどの果物やヨーグルトなどの食べ物、お茶やジュースなどの飲み物を紹介します!





花粉症治る みかん

花粉症でミカンが治るなんて意外な感じもしますが、愛媛大学の菅原教授が発表した研究データによりますと、みかんの皮とヨーグルトを同時に食べると、花粉症の症状が緩和するのだそう。
なぜかというと、温州ミカンの皮に含まれるフラボノイドの一種である「ノビレチン」と、牛乳成分のたんぱく質である「βラクトグロブリン」が、花粉症に関わる炎症反応を抑える働きをするためで、菅原教授は、スギ花粉症患者26人に同意を得て、牛乳成分を含むドリンクタイプのヨーグルト150mlに、すり潰したみかんの皮を混ぜて1日1回飲む実験を行い、2週間後に花粉症の原因物質を両目に点眼して30分後の症状を見たら、実験に参加した全員が飲み始める前よりもかゆみなどの自覚症状が大きく低下していたそう。
教授は地元産業と協力して機能性食品の開発を考え中だそうです。

花粉症治る 食べ物

花粉症の原因は、体内に入った花粉にその人の免疫細胞が反応して、ヒスタミンなどの化学物質が放出されるために起こるものです。
なので、免疫細胞の反応を弱める食べ物を摂取することでヒスタミンなどの化学物質の放出を抑えることが出来れば、副作用などの心配もなく花粉症の辛い症状が緩和されるということなんですね。
温州ミカンに含まれるノビレチンはフラボノイドの一種で、柑橘類に多く含まれる物質なのですが、花粉症の緩和だけでなく血糖値の上昇を抑え、抗ガン作用もあり慢性リウマチの予防や治療にも効果がある優れものです。
こういう免疫力をアップする栄養素が豊富な食べ物を摂取することで体質を改善すれば花粉症の症状を緩和できるうえに完治につながるのではと思います。

花粉症治る お茶

花粉症対策といえばマスクや薬に頼っているだけの方、お茶での花粉症対策もあるんですよ。
薬を飲むと眠りがちですがお茶は大丈夫、なので仕事中でも飲めます。
普通の緑茶にもポリフェノールがたっぷり含まれているのですが、有機栽培の緑茶98%のなかに漢方薬の一種である田七人参2%がブレンドされた白井田七茶とか、かなり高価ですが、効果はかなり強力というジャームティーとか、バラ科なのでGODポリフェノールというヒスタミンの生成を抑える効果がある成分が豊富な甘くて飲みやすい甜茶、南アフリカの植物でSODという自己免疫力アップの効果のある成分が含まれているルイボスティー、カテキン豊富なべにふうき茶などがあります。
飲みやすい続けやすいお茶を飲んでみて試してみてください。

花粉症治る ジュース

ジュースを飲んで花粉症を治そうとするならば、野菜や果物のジュースがお勧めです。
自己免疫力をアップして花粉症の症状を抑えるために、ポリフェノールなどの栄養素が豊富な野菜や果物を簡単に摂取するわけですね。
これからの季節はトマトでしょう。
トマトにはリコピンというポリフェノールの一種が豊富で、家庭菜園などで栽培すると毎日のように新鮮な実が収穫できてジュースにするとたくさん摂取できるわけです。
リコピンはダイエットや便秘解消にも良いのですが、便秘を解消して腸を元気にすると自己免疫力がアップして体質改善、おまけに気分も軽くなるものです。
またトマトだけでなく、にんじんも1日に2本分くらい摂取すると抗酸化物質であるβカロチンがとれてとても効果があるそうなので、毎日トマトやにんじん、リンゴなどを入れたジュースを作って飲んでみませんか。

花粉症治る ヨーグルト

花粉症の原因として「Th細胞のバランス」を整えることが仮説として有力視されています。
Th細胞は、免疫のプロセスの中で登場した情報を工場に伝えているヘルパーのT細胞のことで、このTh細胞はTh1とTh2の2つのタイプに分かれていて、アレルギーに関わる抗体をつくるのを伝達するのがTh2、Th1は感染症での免疫担当となっています。
なので、アレルギーの方はTh1とTh2のバランスがうまくいかず、Th2が多すぎるというのが原因ではと考えられているのですね。
この Th細胞のバランスを正常にするために腸内フローラを正常にする、善玉菌を増やすためにヨーグルト摂取がいいと言われています。
がこのヨーグルト摂取は症状が出てからでは効果が期待できないために、花粉症のシーズン前から習慣として続けて食べるのが効果的なのです。
体質改善という目的で根気強く続けると効果があるのでがんばってくださいね。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする