うつ病の入院 メリット・デメリットや、入院基準と入院期間、保険請求など

この記事では、うつ病の入院について説明しています。
入院のメリットとデメリット、入院基準や入院期間、保険請求などを説明します。





鬱病入院 基準

鬱病で入院するときの診断基準は、生活している環境自体がストレスの原因であるなどして、自宅が療養・休養に適さない場合、病状の急速な進行が予想される場合などがあるといわれています。
つまり、鬱病と診断された患者さんの心理状態が現在またはこれから強く追いつめられるときに、最悪の事態を起こさないために病院という場所で人の目に届くようにするための入院と、患者さんが今以上に心の負担を増やさないように休める環境を提供する入院の2つのパターンがあるということです。
入院は精神状態が非常に不安定な場合におこなうことが多いです。

うつ病入院 期間

患者さんが入院してから退院するまでの目安は3~6か月ほどといわれています。
もちろんうつ病の重症度や治療の効き目には個人差があり、行っている治療方法によっても入院期間は大きく異なってきますが、一般的に2週間である入院日数と比べると、うつ病での入院はとても期間が長いといえるでしょう。
入院期間が長いと新しい患者さんを受け入れるベッドがなかったり、患者さんも仕事などに影響を及ぼすので、病院で入院日数を減らすようにする動きがあるようで、作業療法のプログラムの回数を多くする、担当医の診察をおおくするなどの対策が行われて、患者さんに合った治療が効率的に行われるようになり、この在院日数は年々短くなりつつあるようです。

うつ病入院メリット

うつ病で入院するメリットとしては、まず患者さんの生命の危険から医療従事者が守ってくれるため、急性期などの患者さんの場合家族などが安心して生活ができます。
また、入院は急性期の方のみでなく慢性期の患者さんにも効果があります。
入院生活は就寝、起床、食事すべて時間に沿っておこなわれますので、生活リズムが整います。
急性期以外の患者さんだったとしても、慢性期で外来治療のみの患者さんは、仕事の忙しさや疲れなどから服薬をおろそかにしがちです。
病院では看護師の見守りのもとで服薬するので、飲み忘れは起こりえません。
また入院するということは同僚・上司へのカミングアウトにもなり、職場での理解につながることもあります。

鬱病入院のデメリット

入院のデメリットとしては、入院期間が長いため、仕事をしている患者さんは職場を長期にわたってお休みをすることになるのが大きいと思われます。
職場には迷惑をかけてしまうということでも申し訳なさを感じるでしょう。
またその間収入がなくなるので経済面でも負担になります。
また、入院生活では個室はほとんどなく、4人部屋などで生活をともにすることになりますので、ほかの患者さんとのかかわりにストレスを感じてしまう方は思うように休むことができないかもしれません。
入浴も週に数回であることが多いので、集団生活での縛りは多いと思われます。
それも、1週間で退院とはいかず、数か月いることが必要ですので、個室の希望が通らなかった場合などは、人によってはストレスが強いかもしれません。

鬱病入院 保険請求

入院が長期に及ぶ鬱病の入院では、医療費が高額になることが予想されます。
そこで利用することができる保険サービスとして、高額療養費制度というものがあります。
高額療養費制度とは、所定の計算方法で計算した自己負担限度額を超えた分の治療費の返金を受けることができるという制度です。
また自立支援医療というものもあり、こちらは、通院治療費、投薬費などが1割負担になります。
通常は所得制限が設けられ限られた人しか受けることができませんが、重度かつ継続的に治療を受ける必要がある鬱病ではこの条件が免除され、所得関係なしに利用することができますので、長い期間治療と服薬を続ける必要がある鬱病の方はこの保険サービスを利用しておくと安心です。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする