背を伸ばす方法を解説!睡眠や運動、牛乳や食事、サプリなど

この記事では、背を伸ばす方法について説明しています。
睡眠や運動、牛乳や食事、サプリなどの背を伸ばす方法を紹介します。





背を伸ばす方法 睡眠

背を伸ばす方法として睡眠も大事な方法になります。
どのくらい眠ればいいかというと、6時間以上眠ればいいです。
あまりに寝ていないと眠っている間に身長を伸ばせるのが出来なくなってしまいます。
だから子供にとって必要な時間は少なくても6時間はいります。
逆に長く寝ている場合はどうかというと、背を伸ばすことに関しては問題ありません。
夜に眠ると成長ホルモンがしっかり動いてくれるため、眠ることも大切です。
だから夜にきちんと眠っていないとその分成長出来なくなり、背が伸びなくなってしまいます。
よく眠る子供なら6時間で足りない場合、8時間寝るのも理想です。
寝すぎるのは背を伸ばすのに問題はありませんが、生活習慣の乱れになるため気をつけましょう。

背を伸ばす方法 運動

背を伸ばすのは運動という方法もあります。
運動でも背を伸ばせるものを伸ばしにくいものがあります。
体を縦に動かすものがいいです。
ストレッチで体を縦に伸ばすのもいいですが、走ったりバスケをしたり、なわとびやバレーもいいです。
その証拠にバスケやバレーをしている人は背の高い人が多いです。
それは運動で体を縦によく動かしているからです。
体を縦に動かすことで背の伸びに関する成長ホルモンが動きやすくなります。
成長ホルモンが運動しているときに動くと背が伸びやすくなります。
逆効果になる運動もあります。
ダンベルやスポーツジムは筋肉を使いすぎて疲れてしまいます。
また筋肉を痛めることにより、筋肉を傷つけてしまいます。
適度な運動をおすすめします。

背を伸ばす方法 牛乳

背を伸ばす方法として牛乳を飲む方法があります。
牛乳にはカルシウムが含まれており、カルシウムは体や骨を作る役割をします。
身長も伸ばすことが出来るため、子供にとっては必要な飲み物です。
牛乳は1日の間にいつ飲めばいいかというと寝る前です。
他の時間でも背を伸ばすことは出来ますが、1日の間で背を伸ばすのに効果が大きいのは寝る前です。
寝る前は成長ホルモンの分泌が多く、牛乳を摂る時間帯に適しています。
牛乳を摂ったら後は寝るだけでいいです。大人はどうかというと牛乳で背を伸ばすことは難しいです。
子供は成長期にあるため、成長ホルモンがあります。
牛乳はどのくらい飲めばいいかというとコップ1杯がいいです。あまり飲みすぎるとお腹を痛めてしまうので適度がいいです。

背を伸ばす方法 食事

背を伸ばす方法として食事はまず魚がいいです。
魚は牛乳と同じようにカルシウムが含まれています。
魚は寝る前ではなく食事の時間がいいです。
別の時間に摂ると時間の関係により肥満になってしまいます。
それから魚以外からも食事で背を伸ばすことは出来ます。
マグネシウムとビタミンDとタンパク質と亜鉛が入っているものなら背を伸ばす役割があります。
マグネシウムは大豆やほうれん草、ビタミンDは椎茸はしめじや一部の魚、亜鉛は納豆、タンパク質は肉類や乳製品になります。
肉類は脂肪がつきやすいため、魚を摂る方をおすすめします。
乳製品でお腹を壊す人も魚をおすすめします。
魚が苦手な人は納豆やしめじ、あるいはほうれん草を摂るのをおすすめします。

背を伸ばす方法 サプリ

背を伸ばす方法としてサプリを摂る方法があります。
サプリは子供にいい影響を与えないのではないかと思いがちですが、今は子供のためにあるサプリもあります。
サプリを摂るだけでも背を伸ばすことは期待出来ますが、理想はサプリを摂りながら運動や睡眠や食事を摂るのがいいです。
子供のサプリには子供の成長に大切な栄養分が入っています。
サプリによっても多少違いがありますが、カルシウムやマグネシウム、乳酸菌やアルギニンが含まれているものもあります。
乳酸菌は本来ヨーグルトからでも摂れますが、ヨーグルトが苦手な人は乳酸菌のある成長サプリを選ぶのもいいです。
サプリによって対象年齢やおすすめ年齢も違うため、注意しながら購入するのがいいです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする