滑舌改善の方法を解説!割り箸やグッズ、文章や本、歌など

この記事では、滑舌改善の方法について説明しています。
割り箸や滑舌改善グッズや本、文章や歌などを使った滑舌改善方法を紹介します。





滑舌改善 グッズ

滑舌を良くするためのグッズは、ネット等でも様々なものが販売されています。
一部のメジャーな商品を例にあげて紹介したいと思います。

「Be-Vo」という商品は、口に咥えながら発声したり、噛んだりすることで、表情筋や舌を鍛えることができ、滑舌の他に顔のゆがみが矯正されたり声が明るくなるといった効果があります。

「キープアップスタート」という商品は、上あごにセットするように咥えて舌を使って押し上げることで、舌の根元を鍛えることができます。滑舌の改善の他に、口周りの筋肉を保つ効果があります。

ネットで検索すると、鍛えたい部分や改善したい項目、金額など様々な商品が販売されています。
また、口に入れて使うものなので、口周りや歯を傷つけたり傷めたりしないような構造や素材でできているので、だれでも安心して使うことができます。

※滑舌の改善方法についてはこちら
「滑舌改善グッズ」について書いた新しい記事へのリンク

滑舌改善 割り箸

グッズを買ってまで滑舌改善をするのはちょっと…という人には、身近にある割りばしを使った方法があります。
割りばしを使って滑舌を改善する方法は滑舌棒と言われ、口に棒を挟んで発声練習を行う方法です。
お箸などの棒状のものであれば何でも結構ですが、普通のお箸だと咥えた時に滑り落ちてしまうので、滑りにくい割りばしを用意するのがおすすめです。
やり方は、奥歯で割りばしを挟んだ状態で、早口言葉などを発声します。
これを行うことによって、口周りの筋肉が鍛えられて滑舌の改善につながります。
また、自然に口を大きく開けて話すことが身に付きます。
ただし、長時間行うと歯が痛くなってしまうので、やりすぎには注意するようにしてください。

滑舌改善 文章

滑舌を改善する方法として、文章を朗読する方法があります。
早口言葉はその代表で、アナウンサーの訓練方法としてもこの早口言葉が用いられています。

例 青い家をおいおい売る。上へ青い葵をおいおい植える。
  新設診療室視察。最新式写真撮影法。 など

滑舌改善の方法としては、早く言えることを目的とするのではなく、自分の苦手な行の言葉をゆっくりと声に出して言うことが大切です。
また、腹式呼吸を使った柔軟な息の吐き方を意識することもこの練習方法の重要なポイントです。
滑舌が悪い人は、サ行を発音するのが苦手と言われる人が多いです。
サ行がたくさん出てくる文章や早口言葉で訓練すると効果的です。
また、文章を声に出して読むことで、単に発音の練習になるだけでなく、
抑揚をつけて話す訓練になり、抑揚をつけて話せるようになると声に生気が宿り、相手に伝わりやすい話し方につながります。

滑舌改善 本

滑舌も含めて、声に関する本は多数販売されています。
ボイストレーニングのスクールに通っても、いまいち体の使い方や解説が分からないということがありますが、本を読むことで、声帯や舌の使い方などを学ぶことができます。
中には、日本語の発音方法について詳しく解説されてある本があり、発声の基本から舌の使い方など、滑舌を良くするためのメソッドが書かれてあります。
日本語特有の1音一音に母音と子音が組み合わさっている言語の発音の仕方や、アクセントのつけ方などを学ぶことができるので、滑舌の改善に大きな効果が得られると思います。
また、滑舌は舌だけの問題でなく、呼吸の方法や声を出す姿勢も関係していることがあります。
話すときの自分の体の使い方を振り返り、正しい姿勢で良い声で話すことも学ぶことができます。

滑舌改善 歌

歌を歌うことで楽しみながら滑舌を良くする方法があります。
滑舌を良くするためには、表情筋を使うことが大切です。
歌うときに、口を大きめに動かし“笑顔”の表情で歌うことを意識します。
そうすることで、舌や顔の筋肉をたくさん使い、表情筋を鍛えることができます。
歌詞の母音を意識して少し強めに歌うことで、一音一音をはっきりと発音する訓練になります。
また、歌詞の意味を理解しておくことで、自然と抑揚やアクセントを意識して歌うことができます。
滑舌改善には、話すときのリズム感も大切なので、上手く歌おうと意識しすぎず、楽しんでリズムに乗って歌うことも大切です。
歌を歌うことを、滑舌の練習と意気込みすぎず、楽しむことが滑舌を鍛えることにつながります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする