口臭を治す方法を解説!飲み物や食べ物、歯磨き粉など市販で、病院で

この記事では、口臭を治す方法を説明しています。
口臭を治す飲み物や食べ物、歯磨き粉など市販のものによる対策や、病院に行く方法などを紹介しています。





口臭治す 飲み物

口臭を治す飲み物としては、水、お茶、牛乳、レモン水が効果的です。
水は、飲むことで体の中の水分が増えて自然に唾液の分泌量が増えます。
水を飲むことを習慣づけることが口臭の発生するリスクを下げることができます。
お茶には、カテキンやフラボノイドという殺菌作用のある成分があるので、口内の殺菌の繁殖を抑え口臭を治すことに効果的です。
牛乳は、ニラやニンニクを食べたあとの口臭を治すのに効果があり、ニラやニンニクに含まれるアイリンという成分を包み込むので、食べる食前や食後に飲むと効果的です。
レモン水も口臭を治す効果があり、唾液を分泌を促進してくれ、口内バランスを保ち虫歯や歯周病のリスクを下げ口臭を出にくくします。
またクエン酸により、殺菌の繁殖を抑えて虫歯や歯周病になりにくくして口臭の原因を治してくれます。

口臭治す 食べ物

口臭を治す食べ物としては、梅干し、レモン、柿、リンゴ、生野菜が効果があると言われています。
梅干しやレモンはクエン酸が含まれるために、そのクエン酸の成分が口臭を治すのに効果的です。
効果は、口の中の唾液が出て乾燥を防ぎ、雑菌を無くして口の中を守ります。
クエン酸は嫌な臭いの原因の細菌を抑制し、口臭の原因の歯に挟まる食べかすや、口の中の中のたんぱく質の働きが活発になるのを抑え口臭を治し改善していきます。
柿は、柿タンニンという消臭と殺菌の効果がとても高く、口臭を治すのに効果がある食べ物です。
また、抗菌作用などの微生物の繁殖を抑制する効果もあのが特長です。
リンゴには、ポリフェノールが含まれるために口臭の原因となるメチルメルカプタンを抑制する作用があって口臭を治すのに効果がある食べ物です。
生野菜のセロリには、豊富な繊維が口の中の食べかすを洗浄し臭いを抑え、ニンジンは口臭の原因の殺菌を浄化することで口臭を治してくれます。
パセリは、生野菜で口臭を抑える効果が最もある食べ物で、繊維がたくさんあり生で食べると口臭を治す効果が期待できます。
めかぶは納豆と一緒に食べるとより口臭を治す効果が期待できます。

口臭治す 歯磨き粉

口臭を治す歯磨き粉を買うときには、選ぶ重要なポイントがいくつかあります。
歯磨き粉は値段で言うと、口臭予防の成分がたくさん配合されているものはその分値段が高くなります。
それなので、買うときの選び方のポイントとしては口臭予防に特化したものを選ぶのがポイントです。
そして口臭治すための成分が配合されているかも重要です。
口臭は殺菌により発生するので、歯磨きを選ぶときには、殺菌効果を配合するものを選ぶことが重要です。
すると口臭を予防してくれ、即効性も高いです。
また、口臭を治す歯磨き粉で強い香りで口臭を隠す商品もありますが、時間が経つと口臭が出てしまうのでおすすめできません。
医薬部外品の薬用の歯磨き粉も口臭を治すのには効果的です。
薬用成分が口の中を殺菌したり、炎症を抑え歯茎を引き締め口臭を抑制するので選ぶときの重要なポイントです。

口臭治す 市販

口臭を治すために市販されている薬では、サクロフィール錠や、うがい薬のイソジン、舌を清潔にする薬用オーラクリスター・ゼロという薬用スプレーがあります。
サクロフィール錠は、口臭を治すと共に体の中で起こる臭いに有効です。
薬局で購入することができて、葉緑素から作られた成分が臭いの原因に作用して口臭を治す市販薬として知られています。
イソジンは、風邪予防のうがい薬ですが口臭を除去するのにも効果的です。
殺菌作用があり、ドライマウスで発生した雑菌による口臭に効果があります。
ボビドンヨードという有効成分が、ウィルスや細菌などに殺菌効果を発揮してくれます。
薬用オーラクリスタ・ゼロは、舌の表面に殺菌成分をスプレーすることで、口臭ガスの発生源となる細菌を直接殺菌するので口臭を治す市販スプレーとして効果が期待できます。

口臭治す 病院

口臭を治す病院へ行くときには、口臭外来のある病院や歯科、耳鼻咽喉科、内科、消化器科に行くことが良いようです。
口臭外来なら口臭を専門に扱っているので、口臭を調べる専用の分析機器があったり、ある程度の原因を予測してくれます。
さらに医師も口臭に詳しく精通しているので的確に判断をしてくれます。
しかし、口臭外来は保険が効かないようなので治療費は高くなりそうです。
それなので、まずは口臭を治すためには保険も効いて口臭の知識もある、歯科へ行くのが良いようです。
なぜ歯科からかというと口臭の原因の80%以上が口の中にあるためです。
特に、歯周病や歯茎の異常を診てもらうには歯科での治療が良いようです。
また、舌苔がないかどうかも調べてもらい、もしなげれば耳鼻咽喉科に行くの方法の一つです。
それは、鼻腔炎が長くなると蓄膿症になり口臭の原因となるからです。
また、内臓に原因のある口臭なら内科や消化器科に行くと治すことができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする