視力が上がる方法について解説!視力が上がるツボや食べ物、コンタクトや目薬など

この記事では、視力が上がる方法について説明しています。
視力が上がるツボや食べ物、コンタクトや目薬、画像などの方法を紹介します。





視力上がる食べ物

視力が上がる食べ物はさまざまあり、目の健康を積極的にアプローチするのには、食生活を見直すことも重要なようです。
食べ物としては、ブルーベリーやカシスは視力を上げる効果があります。
また、さけ、いくら、かに、エビ、キンメダイも良いようです。
うなぎ、あん肝、しそ、パセリ、ニンジン、いわし、サバ、しじみ、納豆、アーモンドも、視力を上げるのには効果があります。
そして、ます、さけ、マグロ、あさり、かき、ブロッコリー、小松菜、キャベツ、さつまいも、いちご、キウイも効果的です。
さらに、いか、ツナ缶、カボチャ、ほうれん草、アーモンド、にら、みつば、モロヘイヤ、あんず、すいか、びわも視力が上がるのには効果的です。
また、カーシューナッツ、海藻類、玄米、のり、しらす、かれい、ワカサギ、タコ、貝類、あじ、さんま、ししゃも、にしん、はも、めざしも視力が上がると言われています。

視力上がる画像

視力上がる画像として知られているのは、ガボール・アイという画像を読み取る訓練をすることで副作用もなく、視力を上げることができます。
ガボール・アイが視力を回復するメカニズムは、目から入る情報が不鮮明でも脳の機能が良ければ、画像を加工して鮮明に見ることができるということです。
そして、画像加工能力を上げることなのです。
視力を上げるというよりは、目の機能は変えないで見えた画像をはっきり処理ができるという能力を上げ見えるようにしていきます。
その結果、近視や遠視を問わず目の状態に頼ることなく現在見える画像が鮮明になる方法なのです。
そしてガボール・アイの訓練方法は、画像を見ようと脳を使うことが大切で、何度も同じ画像を見て活性化されていき脳から良くしていくということです。

視力上がるツボ

視力が上がるツボは、視力に不安を感じている人にとって重要なツボで、目の周りなどにあって、ツボを押すことで血行が良くなり視力が上がることへ繋がります。
どんなツボが視力が上がるツボかというと、目の内側にある左右のくぼみの、清明が視力を上げます。
また、天応という左右の眉頭から少し下にあるくぼみも視力が上がるツボです。
そして、こめかみから少し目尻よりにある太陽というツボも効果的です。
また、頬骨の少し内側で黒目の位置からまっすぐに2センチ下にある四白というツボも視力の回復を促してくれます。
さらには、合谷というツボは手にあるのですが、万能ツボと呼ばれていて、目を視力を上げる効果があります。
合谷は、人差し指と親指の間にあります。

視力上がる目薬

レーシック手術などはしたくはないけど、視力を上げたいという人にとって視力上がる目薬が必要となると言えます。
そんな人には、視力が上がる目薬があって眼科で処方してくれるものがあります。
視力が低下するのは、ムチンという物質の分泌が減るためで、ジグアス点眼液とムコスタ点眼液は、ムチンの分泌をスムーズにすることでドライアイを治し視力の回復を促してくれます。
それはジグアス点眼液3%という名前で、P2Y2という受容体作動点眼薬で視力が回復し、視力が回復したらこの目薬は使わなくても良いという特徴があります。
もう一つはムコスタ点眼薬UD2%という名前で、目の炎症や角膜の修復に効果的で、目から分泌されるムチンの生成を促してくれて、視力が上がる目薬です。

視力上がるコンタクト

夜の寝る前に専用のコンタクトをつけることで、寝ている間に視力を上げるものがあります。
それは、オルソラトロジーというもので近視の手術がいらない視力の矯正治療ができるコンタクトです。
角膜がまだ柔らかい子供の頃から始めるほど、近視の進行を抑制する効果が高まるようです。
オルソラトロジーレンズという特殊な形が施された、高酸素透過性の専用ハードコンタクトレンズを寝る前につけて、起きたら外すというものです。
特徴は、寝ている間にレンズが角膜の形を正しく変化させることで、裸眼視力を矯正し視力を上げることができます。
その結果、角膜の形状が維持された状態のままで一定の時間維持することができて、裸眼で過ごせるようになるのです。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする