視力アップについて解説!マッサージや目薬、食べ物やサプリなど

この記事では、視力アップの方法について説明しています。
マッサージとツボ、目薬、食べ物やサプリなど、視力アップの方法を紹介しています。







視力アップ マッサージ

長時間のPC使用や動画・ゲームなど目を酷使した場合、目の周りをよくマッサージすることで疲労が回復するほか、視力がアップする場合もあります。
目の周りの血行を良くするために蒸しタオルをおき、ツボを押すことで近視や乱視 白内障の予防になるとされています。
こめかみや目頭中心に押すと気持ちがいい感覚などがあると その部分の凝りがとれマッサージになります。
視力アップの場合、遠くにある物と近くにある物を交互に見ることで視力アップのトレーニングになります。
3分ほど毎日これを続けることで視力低下の防止やアップにつながります。
そして、遠くの景色を見るトレーニングは網膜の感度を上げるための視力アップ方法になります。
こちらも3分ほど疲れたら見るなどをして毎日続けることが肝心です。

視力アップ ツボ

スマホやPC長時間作業などの合間に手軽にツボを押すことで疲労回復や視力アップする手助けが出来ます。
視力回復に効くツボとして魚腰(眉毛の真ん中の凹みの部分)・天応(眉頭から2㎜下の凹みの部分)・清明(目頭の上)・四白(目の周辺の骨沿って少し下側押すと痛い部分)・太陽(こめかみ)があります。
疲労回復にはこめかみの太陽部分を押すと楽になります。
軽度の近視などもこれらのツボを軽く押すことで視力回復の効果が得られることがあります。
また、遠視や乱視にもある程度の効果は期待できるようです。
まずは、毎日の習慣として順番に魚腰から押していき、自分の気持ちの良い感覚が感じられるまで少しの時間でも押し続けることが視力回復の鍵になるかもしれません。

視力アップ 目薬

価格が高いレーシック手術をせずに目薬だけで視力アップする商品があります。
眼科などで処方される目薬になりますが、メカニズムとして老眼・近視などで視力は落ちるとされています。
その他、ドライアイが呼び水となり、こちらの症状を加速させるといわれています。
そのドライアイを防ぐ成分が含まれる目薬が眼科から処方されます。
目の表面を保護するためにぬめりや渇き防止となる成分ムチンが含まれています。
角膜への栄養補給や、感染予防などムチンの働きでこれらは成り立っているため、ドライアイを防止するために有効な成分であると同時に視力低下を防止する役目を担う目にとって大切な目薬となります。
防腐剤を含まず1回使い切りとなっているのが特徴です。

視力アップ 食べ物

スマホなどを使う現代人にとって目を酷使することが日常になっています。
そのために、日々の食事にも視力に良いとされる食品を積極的に摂りたいものです。
目に良いとされる栄養素はビタミンA.C.Eと言われています。
これらはビタミンACE(エース)と呼ばれ、Aはニンジンに多く含まれCは果物によく含まれています。
Eはナッツやゴマ類などに多く含まれています。
毎日の食事に負担なく取り入れられるものですし、食事の合間にEのビタミンなどはナッツをおやつとして食べれば手軽に摂れるものですね。
これらビタミン栄養素は目の老化防止とも言われており、日々の目の酷使にも疲労回復や低下した視力回復などにも効果があると推奨されている食品です。

視力アップ サプリ

日々が忙しく、手軽に栄養素が摂れるものとしてサプリメントが挙げられます。
そのなかでも、視力回復に一役買っているのがブルーベリーサプリです。
食品で摂ろうと思ってもなかなか摂りづらい食品のブルーベリーですが、サプリなら必要量を毎日無理なく手軽に摂取することが出来ます。
アスタキサンチンという成分が含まれ眼精疲労や仮性近視の視力回復などの効果が期待できます。
また、眼のピント調節機能をサポートし、眼の調子を整える機能があるとされることから加齢黄斑性、白内障、網膜症などの様々な目のトラブルの症状から回復する有効性があると期待されています。
これらのように食品では摂りずらい成分をサプリメントでは手軽に摂れるというのがメリットです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする