花粉症を抑える方法を解説!飲み物や食べ物、ツボや注射など

この記事では、花粉症を抑える方法について説明していきます。







花粉症抑える 飲み物

花粉症を軽減する飲み物は、烏龍茶、甜茶、ペパーミントティーがあります。
この3つは中にポリフェノールは含まれており、ポリフェノールが花粉症を和らげる役割をします。
本来ポリフェノールは生活習慣病を予防するのに役立つ成分で、一般的に注目されている成分です。
甜茶とはどういうものかというと、甜茶と書いててんちゃと言い、アレルギーや肥満を改善する効果が期待出来ます。
甜茶を購入するときは袋に入っている、あるいは箱に入っています。
ドラッグストアにドクダミ茶や健康茶と同じところに並んでいます。
甜茶が近くに並んでいない人は通販でも購入出来るし、代わりに烏龍茶でもいいです。
烏龍茶も甜茶と同じように花粉症だけではなく、肥満を改善させる役割をします。

花粉症抑える 食べ物

花粉症を抑える食べ物はいくつかあります。
ヨーグルト、納豆、味噌、甘酒、大豆、キャベツ、バジル、大葉、梅、生姜、玉ねぎ、果物、青魚などが花粉症を和らげます。
ヨーグルトは乳酸菌が入っており、体の中に善玉菌を取り入れることで体内にいい菌を作りあげます。
悪い菌より善玉菌を増やすことで体の調子が安定しなかったものを安定しやすくすることが出来ます。
果物は何故いいかというとビタミンが入っています。
ビタミンは顔をきれいにするだけではなく、体の健康をよくする成分そのものになります。
花粉症防止にも役立ち、健康促進させます。
青魚は体にいいと言われていますが、花粉症を防止したり和らげるのにも効果が期待出来ます。
強い花粉症の症状を軽減させてくれます。

花粉症抑える ツボ

花粉症を抑えるツボは顔に3つあります。

1つ目は鼻の横にある2つの溝で、この溝を押し、軽く上下に揉み回すように揉みます。
これを1分揉んだら終わりです。

2つ目は耳にある中の小さく膨らんだ部分です。
耳たぶのところではなく、耳の中まで行かず耳の近くにある小さく出ているところを揉みます。
こちらはもう少し時間をかけて揉み、2分か3分ずっと揉みます。

3つ目は頭の真上にあるツボです。
頭の真上に溝がないのではないかと思う人もいると思いますが、溝ではなく1番上のところになります。
頭の上は百会と呼ばれる場所ですが、手で軽く叩くか怖い人は少し揉んで刺激を与えるだけでもいいです。

これらは鼻や血行をよくし、花粉症を和らげます。

花粉症抑える 注射

花粉症を抑えるのは注射をする方法があります。
注射はスギの木のエキスが入っています。
スギのエキスを入れたら余計に花粉症になるのではないかと思いがちですが、スギのエキスを少しずつ体に入れていくことで、スギ花粉に慣らしていく形として注射をします。
他にも注射の種類があり、スギの木のエキスだけではありません。
ヒスタグロビン注射という注射方法があります。
スギの木は人によって実感するしないが定まりませんが、こちらのヒスタグロビン注射の方が効果が安定しています。
ヒスタグロビン注射は花粉症を抑える役割があります。
ヒスタグロビンは薬などにも使用されている成分だから、期待感も大きいです。
他にもヒスタグロビン注射、ノイトロピン注射、ゾレア注射、ケナコルト注射があり花粉症を軽減する役割をします。

花粉症抑える方法

花粉症は食べ物や飲み物、ツボなども先ほどから説明している通り軽減させることが出来ます。
これ以外にも花粉症を和らげる方法があります。
花粉症を防止するには自宅から帰ったら服を払うのもいいです。
花粉は顔や服に見えなくてもついているから払うことで花粉症をなりにくくすることが出来ます。
それからコンタクトレンズよりは眼鏡の着用をおすすめします。
普段コンタクトレンズをしている人は隙間から花粉が目に入ってしまいます。
眼鏡の方が目を全体に覆うため、花粉症の予防にも繋がります。
それからもう1つ説明するなら、スキ花粉や木や花の近くに行かないことをおすすめします。
花粉がある近くにいると目がかゆくなったり余計に鼻水も辛くなります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする