視力良くする方法について解説!サプリや目薬、マッサージやツボなど







視力良くする サプリ

普段の食事から、目の健康に良い成分をたくさん摂るのは大変です。
そういった場合は、サプリメントで栄養補給をするのがおススメです。
視力を良くする効果のあるサプリメントは、色々な種類のものがあります。
代表的なのは、目の栄養になるビタミン類やルテインの成分を豊富に含むサプリです。
ビタミンは眼精疲労を軽減させて、神経を保護します。
ブルーベリーが人気ですね。
ルテインはほうれん草などに含まれる成分で、目の細胞を保護し、劣化を予防する抗酸化作用もあります。
サプリメントはこういった人気のブルーベリーやほうれん草のエキスをはじめ、色々な種類の成分を一度に手軽に摂れるのがメリットです。
普段からバランスの良い食習慣を保つことが大切ですが、食事のサポートとしてサプリメントも併用すると、視力を良くする効果が期待できます。

視力良くする マッサージ

視力を良くするためには、毎日少しずつでもマッサージをすることが効果的です。
目に疲れがたまってしまうと、視力にとっても良くありません。まずは目の血行を良くすることが大切です。
血行が良くなることで、目の毛様体筋の緊張をほぐすことができます。
この毛様体筋は、目の遠近の調整をする役割を担っています。
目の周りの血行をよくするためには、マッサージの前にまず蒸しタオルを置くことが有効です。
疲れを感じた時は、積極的に蒸しタオルを使ってみましょう。目のピントの調節機能が良くなります。
蒸しタオルで血行が改善したら、次は指先で目の上をマッサージしてみましょう。
二、三本の指の先で目の上のあたりを軽くマッサージするのです。
マッサージの際は強く擦りすぎず、ゆっくり指圧するようにマッサージするのがおススメです。
蒸しタオルとマッサージの相乗効果で、目の視力に良い影響を与えます。

視力良くする 目薬

視力が悪くなってしまう原因の一つに、近眼があります。
いったん近視が進行してしまうと、視力を良くすることは現状では難しいです。
ただスマホやテレビゲームのやりすぎなどでは、急速に近視が進行してしまうケースもあります。
こういった症状を「仮性近視」と呼びます。この仮性近視の状態なら、目薬での視力回復は効果が大きいでしょう。
仮性近視を緩和せる効果を持つ目薬としては、ミドリンM点眼液などの調節麻痺剤があります。
こういった目薬を寝る前に使用することで、近視の進行予防が期待できます。
目薬を点眼したらあとは寝るだけという簡単な点もメリットです。
しかし効果には個人差があることも確かなので、視力回復の目的で目薬を利用する場合は、きちんとカウンセリングなどで相談することが大切です。

視力良くする ツボ

健康を維持するためのツボは体全体にありますが、視力の改善に効くツボももちろんあります。
ツボを押す時は、お風呂などで心も体もリラックスしている状態で行うと効果がアップします。
視力を良くするツボとして代表的なのは「太陽」のツボです。このツボはこめかみにあり、ここを押すと目の疲れに効果があります。
疲労を回復させることによって、視力が良くなる効果も期待できます。
ただし痛みを感じるほどに強く押しすぎてしまうのは逆効果です。
ツボを押す時は、優しくいたわるように押すようにしましょう。
他には目頭の上にある「晴明(せいめい)」のツボ、眉毛の中心あたりのへこんでいる場所の「魚腰(ぎょよう)」のツボなどもあり、これらも視力回復に効果があります。

視力良くする 食べ物

視力を良くする食べ物といえば、やはりブルーベリーでしょう。
なぜブルーベリーが視力に効果があるかというと、ブルーベリーには「アントシアニン」という成分が含まれているからです。
このアントシアニンは、目の網膜の栄養となるものです。
ただしブルーベリーは果物であり、糖分を多く含んでいます。
糖尿病や血糖値が気になる方は注意が必要となります。
ブルーベリーの他には、かぼちゃやアーモンドも目に良く、食べやすい食品です。
これらにはビタミンEが含まれていて、血行を促進させる作用を持っています。
そのため疲れ目や老眼に効果があり、視力回復につながります。
視力を良くする目的で食べ物を選ぶときは、自分の体質やアレルギーなどにも注意して選ぶことが大切です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする