低血糖の対策を解説!食べ物や飲み物、飴やブドウ糖など





低血糖対策 食べ物

血糖値が正常範囲以下に下がってしまっている状態が低血糖です。
低血糖になってしまった場合はブドウ糖を摂取する必要があるので、できるだけ早く砂糖を20グラムは摂取するようにしましょう。
あるいはゼリー状やタブレットタイプのブドウ糖を10グラムほど食べるようにします。
低血糖はいつ発症するのかわからない症状なので、万が一の時に備えて常にブドウ糖を常備しておく必要があります。
ゼリー状などのブドウ糖はドラッグストアなどで販売されているので低血糖の対策として常に欠かさず家に置いておくことをおすすめします。
そのほかネットショッピングでも購入が可能なので、前もって購入しやすいショップを探しておくのも良いでしょう。

低血糖対策 飲み物

低血糖になってしまった場合すぐにブドウ糖の摂取が必要となります。
ゼリー状になっているブドウ糖が含まれた食べ物がない場合は、炭酸飲料であるコーラでも代用することができます。
清涼飲料水として多くの人に飲まれているコーラにはブドウ糖が含まれているため、低血糖の症状が出たときにブドウ糖が含まれたゼリーなどの代わりに飲むようにしましょう。
コーラのほかに低血糖になってしまった時に効果的なブドウ糖を含む清涼飲料水があるので、インターネットなどで事前に必要な量などを調べておくと良いでしょう。
また低血糖は突然発症することがあるので、ブドウ糖が含まれたコーラなどの清涼飲料水などの飲み物を常に携帯しておくことも大切です。

低血糖対策 飴

外出時や勤務先、あるいは自宅などで低血糖の症状が出た場合は早くブドウ糖を摂取しなければなりません。
低血糖の対策として良いとされているのはドラッグストアなどで販売されているタブレットタイプやゼリー状になっているブドウ糖ですが、もしそれを持っていない時に低血糖の症状が出てしまった場合、飴をなめることで症状を緩和させることができます。
しかし人工甘味料で作られた飴では効果がないので、人工甘味料が含まれていない飴をなめるようにします。
いつ低血糖の症状が出てもすぐに対処できるように、お出かけの際には必ず携帯することをおすすめします。
また自宅でも緊急用としてすぐになめられるように常備しておくことが重要です。

低血糖対策 ブドウ糖

正常範囲よりも血糖値が下がってしまった場合に低血糖の症状が表れます。
軽いものだと激しい空腹感で済むこともありますが、症状が重いものだと冷や汗が出たり意識レベルが低下する場合があります。
低血糖の対策として効果的なのがブドウ糖でドラッグストアで販売されているゼリー状などのものがベストですが、ない場合は清涼飲料類や砂糖などで代用できるのでいざという時のために飴を携帯したり清涼飲料水を欠かさないように自宅に常備などしておくことが大切です。
ブドウ糖は低血糖の症状が起きた際に一番補わなくてはならない成分なので、低血糖の症状を過去に起こしたことがあったり低血糖であることを自覚している人は必要なものとなります。

低血糖対策 糖尿病

めまいや冷や汗などの症状を引き起こす低血糖は、糖尿病を薬によって治療している場合に起こしやすい症状です。
低血糖を起こしやすいとされている糖尿病の薬はインスリンがあげられますがインスリン以外の薬でも低血糖の症状が出ることがあります。
低血糖はいつどこで起きるかわからない症状で、その症状が起こりやすいのは普段しない行動をとった時などが多いとされています。
人によって低血糖の症状は異なりますが万が一に備えてブドウ糖や糖分を準備しておいて、できるだけ症状を悪化させないようにすることが大切です。
特に糖尿病を患っている人で薬剤を服用している人は糖尿病ではない人と比べて低血糖の症状が出る可能性が高くなるので注意が必要です。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする