バネ指治療を解説!ためしてガッテンやリハビリ、ストレッチや薬など





バネ指治療 ためしてガッテン

NHKのためしてガッテンでバネ指の治療方法について放送されました。
番組内では、バネの指の原因や治療方法を始めへバーデン結節の対策も紹介されています。
ためしてガッテンで紹介された治療方法とは、日本手外科学会認定の医療機関を受信し、腱鞘にスイテロイド注射をしてもらう方法です。
また、切開手術をしてもらうという方法も放送されました。
また、番組内で紹介された原因では腱鞘炎は腱を包む鞘で炎症が起き悪化することでバネ指になるとも紹介されています。
一般的に手の使い過ぎが原因とされていますが、ためしてガッテンではホルモンバランスの変化も原因になると紹介されました。
またためしてガッテンでは、腱鞘炎とは別にへバーデン結節という病気があることにも触れ、指先の関節が曲がるなどてして痛みを伴うということのようです。
家庭でできる対策としては、市販のテーピングを第一関節の辺りに緩めに巻くことで痛みを緩和すると紹介しています。

バネ指治療 リハビリ

バネ指の治療は、注射などで痛みを取り去るのが一般的です。
そして、違った治療方法では電気治療などを主にする治療方法になるケースもあります。
また、症状が重くなった場合では手術による治療になるケースもあります。
バネ指を治療した後に行うリハビリについては、医師にかかっていたなら助言を聞きながら最適な方法でリハビリをしていくのが効果的です。
しかしバネ指になったときのリハビリ方法は自分で行うことも可能です。
それは、ストレッチのような形で腕全体を行い、そして指を無理をしない範囲でリハビリしていくのも効果があるようです。
バネ指治療はリハビリをすることで良い方向に向かうケースも多いと言われているので、無理をせずリハビリすることが大切なようです。

バネ指治療 薬

バネ指治療に効果的な薬は飲み薬から湿布薬、テーピングまでさまざまあるようです。
市販の中で、胃への負担が少ないことで知られるのがイブA錠という薬です。
有効成分のイブプロフェンが、痛みの原因の物質の生成を抑えてくれ、痛みを緩和します。
バネ指治療に効果のある湿布薬は、ボルタレンEXテープです。
有効成分のジクロフェナクナトリウムが放出され、痛みを抑える効果が持続してくれます。
粘着力も優れ張り直しもでき、目立ちにくい肌色のテープというのも特徴の一つです。
関節の痛みを軽減してくれるのは、パテックスフェルビナスターというテープです。
伸縮性に優れ、動いても剥がれづらく有効成分フェルビナクが痛みの原因物質の生成を抑えてくれます。

バネ指治療 ストレッチ

バネ指治療のためのストレッチというものがあります。
それは腱の滑走を良くし、関節の動きを円滑にするためにです。
その結果、指がきちんと動くようになっていきます。
ストレッチの方法としては、テーブルなどの上に痛みがあるほうの手を置きます。
そして痛い指をリラックスさせます。
その後で、悪い指をゆっくりと動かしていき、関節を動かすときには、一つの関節ごとに動かしていきます。
なぜストレッチのときに、一つの関節ごとに動かすかというと、一度に指の関節を全て曲げてしまうと、腱の伸びが大きくなってしまい曲げ伸ばしが難しくなってしまうからです。
バネ指治療のストレッチのポイントは、痛みのない範囲で行うことが重要になってきます。

バネ指治療 期間

バネ指治療の期間は、初期の状態のケースと自身が症状に気付かず、長い期間放置してまっているケースには完治するまでの期間が変わってきます。
初期の状態のケースでは注射などで簡単に治せるので、早い段階で気がつくことで早期に完治を目指すことが可能です。
しかし潜伏期間が長い場合の治療では、痛みに我慢してしまう人がほとんどで、本人が気づかないこともあります。
その結果、医師に診察してもらいに行くのが遅れてしまい、後になることで治療で手術も必要になる可能性もあるので、治療に関しての期間が長引いてしまうのです。
バネ指の治療の期間で大切なことは、早期に見つけ出して早めに医療機関に行くことが完治の期間を短くする大切な要素になります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする