子犬のしつけを解説!いつから・順番や、おすわり・吠える、しつけ教室など





子犬しつけ教室

わんちゃんを飼う人によって、躾というものは切っても切れない存在です。
人間も親がしっかり叱ることで我慢を覚え、いい子に育ちますよね。
わんちゃんも例外ではありません。
しかし初めてわんちゃんを迎える人だと、どうやって躾をすればいいのかわからない、可哀想でなかなか出来ない、という方も多いのではないかと思います。
そんな時に心強いのが、子犬しつけ教室です。
この教室は、子犬のしつけを代わりにやってくれるうえ、さらに飼い主にわんちゃんの飼い方を教えてくれる、わんちゃんの幼稚園のようなものです。
長い間わんちゃんを飼育してきたベテラン先生が指導してくれるので、分からないことがあればすぐ相談できるのもメリットです。
子犬の躾に困っているなら、子犬しつけ教室を検討してみてはいかがでしょうか?

子犬しつけ いつから

子犬を家族に迎える時、幸せも沢山ありますが、ちゃんと飼ってあげられるのか、躾はちゃんとしてあげられるのか、と色々と不安があると思います。
特に躾は飼い主にとって避けては通れない道であり、鬼門でもありますを子犬の頃にしっかりしつけておかないと、わんちゃんもいいことと悪いことの判別がつかなくなり、言うことを聞かなくなることもあります。
子犬の躾はとても重要であると言えます。
では実際子犬の躾はいつ頃から始めれば良いのでしょうか?
実は子犬の躾は、家に迎え入れる前から既に始まっています。
まず躾の基準を決めることが大切です。
まず迎え入れる前に、ルールを決めておきます。
そうしないと、後から後から躾のルールが追加されて、わんちゃんも混乱してしまいます。
まずしっかり家のルールを決めてから迎え入れるようにしましょう。
そのルールに則って迎え入れたその日から躾をスタートすると、わんちゃんもここは行っては行けない、登っては行けない、とルールを覚えやすくなります。
躾をするにはまず飼い主がルールを決めるというのが重要なので、しっかり考えた上で迎え入れるようにしましょう。

子犬しつけ 順番

わんちゃんを飼う時に、躾というものをしなくては行けません。
しかし躾と言っても、色々と種類があります。
わんちゃんもいきなり何個も言われると、混乱してしまうものです。
では何から教えていけば良いのでしょうか?
まず教えておきたいのは自分の名前ですよね。
わんちゃんに自分の名前を覚えさせるのが1番となります。
名前を呼んだら来てくれるというのは飼い主にとって最も嬉しい瞬間ではないでしょうか?
そして次に教えておきたいのはトイレでしょう。
やたらめったらそこらじゅうにされてしまうと大変ですよね。
しっかりとトイレを覚えさせることによって、飼い主の負担を減らすことができます。
名前もトイレもとても重要なので、順番待ちが逆になっても大丈夫ですが、まずは名前を付けることが多いと思います。
またしつける時に、上手くできたなら必ず褒めてあげましょう。
わんちゃんは褒めて伸びるので、しっかりと褒めることが大切です。

子犬しつけ おすわり

テレビ等でわんちゃんがおすわりと言われてしっかり指示に従うところを見ると、すごいなこの子!と感心しますよね。
とても可愛いものです。
しかしおすわりというのは簡単ですが、覚えさせるのは難しそうですよね。
わんちゃんの性格もありますし、教え方によっても難易度が変わります。
ではいつから教えてあげれば良いでしょうか。
おすわりは子犬の頃から教えることによって、しっかり学習することができます。
と言っても、子犬を迎え入れてすぐという訳ではなく、ある程度信頼関係を築いてから教えるようにしましょう。
おすわりには様々な効果があります。わんちゃんがなにかに惹かれて突然行動することがたまにありませんか?
だーっと走り出してなにかにぶつかる危険もあります。
そういった危険をおすわりで防ぐことができます。
おすわりはただの芸ではなく、わんちゃんの身の安全も考えたものなのです。

※子犬のおすわりについてはこちら
「子犬おすわりいつから」について書いた新しい記事へのリンク

子犬しつけ 吠える

わんちゃん同士が吠え合っているところは誰もが1度は見たことがあるのではないでしょうか?
犬という生き物は吠える生き物です。
しかし現代社会において、犬の吠える声は「うるさい」と認識されて、苦情の原因にもなります。
そもそも犬が吠える理由は様々あり、怖いと感じた時や嬉しいと感じた時などがあります。
ですがやはり吠えるのを辞めさせたいと思う人は多いでしょう。
トラブルの原因になりかねないので、悩んでいる方も多いはずです。
わんちゃんが吠えるのはなにか刺激を受けているからという話があります。
そしてその刺激は、子犬の時に経験させておけば吠えなくなるという結果も出ています。
わんちゃんが嫌だと思うことがあって吠えたとします。
でも子犬の頃に少しずつ慣れさせていけば、吠えなくなるのです。
そのため子犬の時にたくさんの経験をさせることで、吠えなくさせることが出来ます。
現在子犬を飼っている人がいれば、様々な経験をさせてみるのがおすすめと言えます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする