健康保険、年金受給と被扶養者について







被扶養者とは

簡単に言ってしまえば扶養される人のことです。
健康保険の被保険者の直系親族、配偶者、子、孫、弟妹や被保険者と生計を共にしている三親等以内の親族などが該当します。

被扶養者 年収制限

被扶養者の場合、年収が103万を超えてしまうと所得税の扶養控除を受けられなくなってしまいます。
また、130万を超えてしまうような場合は所得税とは別に社会保険の扶養控除も受けられなくなってしまううえに、扶養からも外されて自分で保険料を払うことになってしまうので注意が必要です。

被扶養者 異動届

被扶養者が増える場合や逆に被扶養者が外れるような場合は、健康保険被扶養者(異動)届という書類を市区町村の役所や年金事務所に提出する必要があります。
社会保険の書類であれば公式ホームページからダウンロードすることができます。

被扶養者 現況届

被扶養者となる場合や被扶養者を継続する場合に必要な書類であり、被扶養者の詳細を記入することになります。
書類の性質上、入社時などに提出する求められることも多く、各社会保険のホームページからダウンロードすることができます。

被扶養者でなくなった日

前述のように被扶養者の年収が130万を超えてしまった場合や、他にも一定の条件を満たしてしまった場合は扶養から外れることになってしまいます。
この際、健康保険被扶養者(異動)届を書くわけですが被扶養者でなくなった日という欄を書く場合、日付には気を付けないと年金未納期間できてしまうこともあるので注意が必要です。

被扶養者 厚生年金

企業で働くサラリーマンは厚生年金に加入するものであり、その配偶者で20歳以上60歳未満であれば第3号被保険者という区分になります。
この第3号被保険者が被扶養者であり、健康保険とは違い、配偶者のみが扶養の対象となっています。

被扶養者 社会保険

社会保険の中でも厚生年金に加入している場合は、上記の通り第3号被保険者が被扶養者となっています。
しかし、社会保険にはその他にも様々なパターンがあり、細かくルールが決まっているので注意が必要です。

被扶養者 別居

被扶養者の条件として同居しているか別居しているかというものがあります。
この条件については配偶者や子供、孫、弟、妹、両親、祖父母などの直系尊属は別居していたとしても被扶養者として認められます。
逆にそれ以外の親族は同居している必要があります。

被扶養者 要件

被扶養者となるには上記のような親族が同居する他にも条件があります。
それが被扶養者の収入あり、被扶養者となるべき人の年収が103万円以下であれば問題ありませんが103万円を超えてしまうと扶養から外れることになってしまいます。

被扶養者 年金

難しく考えがちですが国民年金の場合は個人が加入する者なので、扶養や被扶養といったものは関係ありません。
扶養が発生するのは配偶者が厚生年金に加入していて、なおかつ年収が130万円以下の場合のみです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする