血圧を下げる方法を解説!お茶やサプリ、ツボやストレッチなど





血圧を下げるお茶

血圧を下げるお茶は、緑茶、そば茶、杜仲茶、ドクダミ茶がいいです。
緑茶にはカテキンが含まれておりカテキン自体に動脈硬化をなくし血管を丈夫くする成分が含まれています。
動脈硬化をなくすことで高血圧予防に繋がり、結果的に血圧も下げることに繋がります。
緑茶以外ではそば茶はポリフェノール、杜仲茶はゲニポシド酸、ドクダミ茶はカリウムの成分が血圧予防に働きかけます。
緑茶、そば茶、杜仲茶、ドクダミ茶はドラッグストアで購入することが出来て、健康にいいお茶として知られています。
お茶は購入するだけではなく自分で作ることも出来ますが、血圧の下げる自分で作るお茶としておすすめなのが玉ねぎ茶、ゴーヤ茶、黒豆茶が健康にいいです。

血圧を下げるツボ

血圧を下げるツボは体の中に2つあります。
1つ目は頭の下、頭の後ろの両下に少し溝があります。
この溝は高血圧予防のツボに繋がり別名風池と呼ばれるところです。
2つ目は内関と呼ばれる場所で手首より少し内側の腕になります。
腕の特にどの部分かというと、手首の真ん中から指3本分下にあるところがツボです。
1つ目の頭の下のツボも2つ目のツボの下も軽く数秒押しながら刺激すると効果が多少期待出来ます。
ただしお茶と違って確実に期待出来るわけではなく、別の高血圧予防の方法と一緒にツボを押し、改善していくのが目的になります。
お茶や食べ物と一緒に摂ったり、ストレッチも一緒にしながら工夫して改善するのが大切です。
ツボが一時のものです。

血圧を下げるサプリ

血圧を下げるサプリは大きく期待がありますが、副作用には注意することを忘れないようにしましょう。
サプリはあくまでも食事だけお茶だけでは高血圧の予防が見込めない、ストレッチやツボもやっても効果が見込めない人にとっては重要な役目をします。
血圧の高めのタブレット、ヘルケア、大正DHA・EPA、きなりのサプリがよく知られています。
タブレットは特許を持っている信頼の出来るサプリ、ヘルケアもタブレットと同じように血圧が下がったという結果が登録されています。
大正DHA・EPAは副作用が少ないため副作用が気になっている人には安心して飲むことが出来ます。
きなりはナットウキナーゼが含まれていますが、納豆の臭いはないため安心して飲むことが出来ます。

血圧を下げるストレッチ

ストレッチをすると何故血圧を下げることが出来るのかというと、筋肉が柔らかくなることが高血圧予防にも繋がるからです。
他にもストレッチをすると運動をしたことになり、痩せている方が血圧も下がります。
運動をして血液をさらさらにすることで動脈硬化を防ぐことが出来て、結果的に高血圧を防ぐことが出来ます。
筋肉が堅くなると血管も堅くなり、血行が悪くなるから動脈硬化になってしまいます。
ストレッチでおすすめな箇所は足の指を開いたり閉じたりする運動、あるいは手首を片方裏にそらし、もう片方の手で片方の手を支える運動です。
足首は手を使って動かすのもいいです。心臓から離れているところを動かすと、体の血液が心臓に戻り、心臓の機能や血液の流れをよくします。

血圧を下げる食材

先ほど血圧を下げるサプリで大正DHA・EPAを紹介しました。
このDHAとEPAは食材からも摂れる成分であり、食材としてはサバやイワシの青魚と呼ばれる魚から摂ることが出来ます。
先ほどお茶についてもカリウムの話を少し述べました。カリウムも食材から摂れる成分で、野菜や果物や大豆やワカメから摂ることが出来ます。
DHAとEPAとカリウムは普段の食事で摂れるため、普段よりもう少し意識して食事を改善させると高血圧の予防も見込むことが出来ます。
野菜や魚は普段の食事で必要な成分で毎日の生活でよく摂り入れている人もいます。
食材で高血圧予防がまだ見込めない人は口の汚れを促すお茶も工夫するとさらにいいです。
魚が嫌いな人は野菜から摂りましょう。
野菜もカリウムがあるものだけではなく食物繊維が含まれているものも期待出来ます。
食物繊維にあるアレルギン酸も高血圧を予防する働きがあります。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする