ゴルフ ビジネスゾーンの練習方法を解説!動画やdvd、本など







ゴルフ ビジネスゾーンとは

ゴルフビジネスゾーンは、ゴルフのスイングの腰から腰の範囲のことを言います。
時計で表すと9時から3時のくらいの範囲で、スイング中に視界から外れない範囲です。
ビジネスゾーンはスイングの基礎を固めるための大事な範囲です。
「腰から腰の範囲のスイングを安定させると正確なショットを打つことができ、ビジネスが成功する(お金が稼げる)」ということから、ビジネスゾーンと呼ばれています。
インパクト前後のことなので、別名「インパクトゾーン」とも呼ばれることがあります。
このビジネスゾーンをしっかりとマスターすることで、ゴルフクラブの芯でボールを捉えることができ、インパクトを安定させたり、スイングのタイミングを一定にさせたりすることができます。
ビジネスゾーンをマスターすることは、ゴルフ上達の近道です。

ゴルフ ビジネスゾーン 練習方法

ゴルフビジネスゾーンの練習する時のポイントは、「身体を正しい状態で安定させて覚える」ことです。
ゴルフのスイングでは、「前傾角度、腕の三角形、顔の向き」の3つの意識するポイントがあります。

・前傾角度
背筋を伸ばして立ち、時計の針が12時から1時に傾くようなイメージで少しだけ身体を前傾させます。お尻を少し突き出して股関節から折り曲げるようなイメージです。
前傾姿勢を作ったら、脚のすねが地面に直角になるようなイメージで少しだけ膝を曲げます。この時に正しい姿勢がとれていれば、身体の重心は足の親指の付け根にきます。
首の角度は、「顎と喉につっかえ棒がある」イメージで一定に保つことが大切です。

・腕の三角形
肩と腕と手首の余計な動きを抑えるため、両肩とクラブを持った両手で、二等辺三角形を作ります。
脇をしっかり締めて両手を絞って構えると、手首をしっかり固定することができます。

・顔の向き
スイング中は顔の向きを変えないことが大切です。
鼻筋のラインを身体の中心軸からずれないような感覚を持つことで、顔が動かなくなります。

ゴルフ ビジネスゾーン 動画

動画では、ビジネスゾーンの具体的な範囲や動きを解説されていて、分かりやすく学ぶことができます。
正しい動きやスピード感などを見ることで、どのように練習すれば良いのかイメージを膨らましやすくなると思います。
また、ゴルフ講師のレッスンや、プロゴルファーのスイングの解説などを見ることで、実践に生かせる知識を学ぶこともできます。
文章だけではわかりにくい悪い例を動画で見ることで、練習するときの注意点を学ぶことができるので、悪い例を検索してみることもおすすめです。
インターネットで検索すると、たくさんの動画が検索結果に表示されるので、自分が極めたいところや、うまくいかないことなど、ポイントを絞って検索することで、効率的な練習をする手助けになると思います。

ゴルフ ビジネスゾーン dvd

DVDは、プロゴルファー監修で製作されたものや、レッスン形式で作成されてあるものなどがあります。
インターネットで出回っている知識は持っているのでより深い知識を身につけたいという方や、ゴルフスクールに通う以外の方法でゴルフの上達を考えている方におすすめされています。
レッスンDVDでは、自分のレベルに合ったものを選べたり、正しい順序で練習することができます。初心者の方は基礎をしっかり学ぶことができ、経験者の方は自分が改善したいポイントを選んで練習することができます。
また、多くのDVDには、「女性向け」「スコアが100切れない人」など、おすすめしたい人やレベルを明確にして販売されていて、インターネットの動画ではどれを参考にすれば良いのか分からないという人は、レッスンDVDを見ることで分かりやすく学ぶことができます。

ゴルフ ビジネスゾーン 本

ゴルフビジネスゾーンの本は、プロゴルファーやゴルフのレッスンプロなどの実績のある方が書かれたものが多数出版されています。
本は、映像とは違い細かいポイントや知識を学ぶことができます。
本を読んだ方からは、「下手な練習をしている時間は無駄だった」「平均スコアがよくなった」など、実践的な練習をするよりも本を読んだ方がゴルフが上達したという声があがっています。
また、ゴルフ経験者だけではなく、これからゴルフをはじめる方やゴルフ初心者の方も本を読むことで難しいゴルフ用語や正しい知識、詳しいポイントを学ぶことができるので、おすすめされています。
中には、DVDとセットで販売されているものもあり、映像で見た後に本を読むことで理論的に学ぶことができ、より詳しくゴルフの知識を学ぶことができます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする