胸焼けの治し方について解説!すぐに、ツボ、食べ物・飲み物、薬など





胸焼け治し方 すぐ

「なんだか胸がすっきりしない」「胸がムカムカして食欲がない」このような、「胸焼け」の症状を経験されたことがある方は多いのではないでしょうか。
「胸焼け」とは、胃酸が逆流しているなどといった、消化器感に不具合が生じている状態のことを意味します。
胸焼けは、食べ過ぎや、飲み過ぎ、ストレスなどが原因です。
胸焼けをすぐに治すためには、消化器官の鎮静作用のある”アロエベラジュース”や、胃腸の状態を整えてくれる”ショウガ”を摂ることがオススメです。
”アロエベラジュース”や”ショウガ”の成分が、消化器官を安定させてくれることで症状を和らげてくれます。
また、食事を食べた後であれば、横にならずなるべく座った状態でいることで状態を回復させてくれます。

胸焼け治し方 ツボ

胸焼けを感じた方は、おへそから指4本分上あたりを数回押してみましょう。
おへその上には、”中かん”と呼ばれるツボがあり、中かんは胃袋の調子を整えてくれるツボです。
胸焼けの原因は、胃袋の分泌液の不良によって起こることが多いため、胃袋の調子を整えることで症状が和らぐことが多いです。
また、肘から指三本文下に移動すると、手三里という消化器官を整えてくれるツボがあります。こちらも合わせて押してみましょう。
さらに、膝の皿あたりから指4本分下に移動したあたりには足三里と呼ばれるツボがあり、こちらも消化器の鎮静化に効果があるツボです。
胸焼けを感じた際には、上記のようなツボを押して横にならず、座った状態で安静にしましょう。

胸焼け治し方 食べ物

胸焼けを感じた方は、消化器官に不調を期待している可能性が高いです。
消化器官を正常に戻すための食べ物をご紹介します。

【消化器官を正常にする食べ物】
・アロエベラ
・ショウガ
・牛乳

アロエベラやショウガは、消化器官の沈静作用がある有名な食べ物です。直接的に胃袋の調子を抑制してくれます。
そして、牛乳は「胸焼け」の抑制に一番のおすすめです。
牛乳を飲むことで、牛乳の脂肪分が、食べ物の刺激などから胃袋を守ってくれるからです。
「胸焼け」を起こしている際には、胃液が過剰分泌されている可能性があり胃袋にダメージを与えいている可能性が高いです。
タイミングは、食前に温めた牛乳を飲むのがベストです。
しかし、胸焼けが起こってしまっている状態であれば、食後に飲んでも効果が期待できます。

胸焼け治し方 飲み物

胸焼けを治したいときにおすすめの飲み物は、牛乳とアロエベラジュースとショウガ湯です。
胸焼けは消化器官に異常を起こしているため、消化器官を鎮静化したり、胃袋を守ってくれるような成分がある飲み物を飲むことで症状が和らぎます。
牛乳には、牛乳に含まれる脂肪分が胃袋をコーティングする効果があります。
「胸焼け」を起こしている際には、胃液が過剰分泌されている可能性が高いため、胃袋をコーティングすることで症状が治ります。
アロエベラジュースや生姜湯には、消化器官を鎮静化する効果があるため、胸焼けの症状を和らげてくれます。
ただし、注意点として、胸焼けが起こっている場合には、いずれの飲み物を飲む場合にもゆっくりと味わうように飲みましょう。
すでに消化器に負荷がかかっている状態のため、勢い良くのむと刺激になり、より症状を悪化させる可能性があります。

胸焼け治し方 薬

「胸焼け」を治す一番即効性のある方法は、胸焼け用の薬を飲むことです。
「胸焼け」の原因は、暴飲暴食やストレスが消化器官の不良を招いている可能性が高いです。
そのため、消化器官を鎮静化してくれるような薬を選びましょう。
なお、消化器感を収めてくれる薬でおすすめなのは、以下の3種類です。

【消化器にいいおすすめの薬】
・ガスター10
・ファモヂン錠
・ガストール錠

これらの薬は、胃薬として有名であり、胃酸の過剰分分泌などを抑えてくれる効果が期待できます。
とはいえ、薬はあくまで症状を抑えてくれるものであり、原因を解消してくれるものではありません。
食事やストレスなど考えられる原因を解消し、日頃から気をつけることで慢性的な「胸焼け」を防ぐことが大切です。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする