血糖値を下げる方法を紹介!お茶、サプリ、運動、食べ物など





血糖値下げる お茶

血糖値という言葉をよく耳にしますよね。
血糖値の上昇というとなんだか悪いイメージがあります。
その通り血糖値の上昇は体に悪影響を及ぼすと言われています。
血糖値の上昇は高血圧と言われます。
高血圧の状態が長続きすると、全身の血管がダメージを受けてしまい、それによる合併症などを引き起こしてしまうリスクがあります。
ではどうやって予防すれば良いのでしょうか?
実は血糖値の上昇は、緑茶で改善することができます。
緑茶に含まれるカテキンは血糖値を抑える効果があります。
1日7杯の緑茶で改善されたという例もあり、簡単に出来る予防法と言えます。
また緑茶にオクラを追加した、オクラ茶というものも注目されています。
オクラのネバネバは水に溶ける食物繊維であり、これが血糖値を抑える効果があります。
血糖値が気になる方は、オクラ茶を試して見てはいかがでしょうか?

血糖値下げる サプリ

血糖値を下げる方法は沢山あります。
しかし、食事制限や運動などがほとんどで、忙しい人にとっては時間が無くて出来ない、となることが多いでしょう。
睡眠時間を減らしてまで運動をするような生活だと、そのうち体が壊れてしまって本末転倒になりかねません。
ではどうやって血糖値上昇を予防すればいいのでしょうか?
時間が無くて忙しい、と言う方はサプリメントで予防するのがオススメです。
サプリメントであれば、水で飲むだけなので忙しくても続けることが出来ますよね。
ではどのようなサプリメントを選べば良いのでしょうか?
血糖値の上昇は、インスリンの数が低下することで、糖がエネルギーに変換されず、血液に残り続けることで起こります。ですのでインスリンのサポートをしてくれるものを選ぶと良いでしょう。
また糖の吸収を抑えるもの、エネルギーへと変えるものがあればそちらもチェックしておくといいでしょう。

血糖値下げる 運動

血糖値の上昇は、放置していると様々な病気に繋がってしまう恐れがあり、非常に恐ろしいものです。
しかし血糖値の上昇はなぜ起こるのでしょうか?
血糖値の上昇は、インスリンというものの数が低下することで、血中の糖を処理しきれなくなり、血中に糖が多く残ることによって起こります。
ではどうやって血糖値を元に戻せば良いのでしょうか?
血糖値を下げる運動として、ウォーキングが挙げられます。
しかし推奨されている歩数は1日1万歩と言われています。
忙しい現代人にとってこれはなかなか達成しずらい内容と言えます。
それも毎日1万歩ですから、仕事終わりでクタクタなのにそのあと1万歩も歩かなければならない、という状態が続くため長続きはしないでしょう。
ですのでまずは1日に30分ウォーキングをするよう心がけましょう。
1日に1万歩は無理でも、回数を重ねることにより改善へ向かうと言います。
無理はせず自分のペースで血糖値改善へ向けて頑張りましょう。

血糖値下げる 食べ物

血糖値を下げる方法は色々ありますが、運動をしなくてはならなかったり、食事制限をしなくてはならなかったりなど、なかなか苦しいものです。
特に食事は喜びであり、ストレスの解消に繋がりますのでなかなか厳しいと思います。ダイエットでご飯を抜いてイライラするという構図はよく見られますよね。
ですが食べるものを減らすのではなく、食べるものを変える、という方法なら長続きさせられるのではないでしょうか?
ご飯を豆腐にというようなことではありません。
普段の食事に組み込むだけで改善が見込めます。
例えば牛乳を朝に一杯飲むだけで、一日中血糖値の低下が見込めます。
このように、朝飲むものを変えるだけでも効果がある場合があります。
また食物繊維から食べることで、糖の吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防ぐ効果もあります。
ぜひ自分に合った食生活を見つけてみてください。

血糖値下げる 飲み物

血糖値は恐ろしいもので、血糖値の上昇で様々な病気にかかってしまうリスクが高まってしまいます。
ではどのようにして血糖値の上昇を防げば良いのでしょうか?
その方法の一つとして、今飲んでいるその飲み物を変える方法があります。
血糖値の上昇を抑える効果のある飲み物を選んで飲むのです。
それだけで血糖値の上昇を抑える効果があるので、やってみる価値は大いにあります。
ではどんな飲み物に変えればいいのでしょうか?
飲み物で効果があるものはいくつかあります。
朝に飲むものを牛乳にすると、一日中血糖値の上昇を抑える効果があります。
また緑茶のカテキンにも血糖値の上昇を抑える効果があります。
そして番茶も血糖値の上昇を抑える効果があります。
普段飲んでいる水をお茶にするだけなので、お手軽ですしオススメです。
血糖値を気にしている方は、飲み物を変えてみてはいかがでしょうか?





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする