退職届の書き方と封筒について







退職届 書き方

退職届を書く場合、意外と悩むことも多いです。
ここで注意すべきなのは退職願と退職届は違うものということです。
退職届というのは退職が確定した後で書くものなので文章的には退職いたしたく思います。
などではなく、ハッキリと退職いたします。と書く必要があります。

退職届 便箋・封筒

基本的に退職届には茶封筒は厳禁です。
理想的なのは改まった要件に相応しい白の二重構造になっていて郵便番号などの赤枠が無い封筒です。
この封筒に黒のボールペンまたは万年筆で表に退職届、裏に氏名を記入し、中の便箋は書面が内側になるよう三つ折りにして、便箋の右上が封筒裏の右上と合わさるように入れるのが正しいと言われています。

退職届 提出日

前述したように退職届とは退職が確定した後に提出するものです。
なので基本的には退職日の2週間以上前に提出しておけば問題ないと思います。
しかし、会社ごとに就業規則な違うので注意が必要です。

退職届 例文

難しく考えがちですが退職届は簡潔な文章で問題ないです。
このたび、一身上の都合により○月○日をもって退職いたします。
簡単に言ってしまえば中身の文章はこれだけです。
会社都合で退職する場合も退職理由を変えれば問題ないです。

退職届 退職願

前述のように退職が確定した後で提出するのが退職届です。
それに対して退職願はその前段階であり、退職させてくださいと会社にお願いする書類のことです。
場合によってはすぐに退職が受け入れられない場合もあるのでなるべく早く提出する必要があります。

退職届 用紙

退職届を書くのに最も適していると言えるのはA4かB5のコピー用紙か白紙便箋です。
退職届は白とうイメージが強いので基本的に白紙が無難です。
また、罫線入りのものでも問題ありませんが、あくまでもビジネス用のものを選ぶよう注意が必要です。

退職届 無料テンプレート

いざ退職を決めて上司に伝えても退職届の書き方や文章がわからないという方は少なくないと思います。
そこで役立つのがインターネットです。「退職届 無料テンプレート」などで検索すれば色々と出てくるので活用してみましょう。

退職届 郵送

退職届は基本的に直接渡すべきですが様々な理由で直接渡せない場合もあります。
そういった場合は郵送することになるわけですが直接渡す時とは違い、添え状を同封したり担当者以外が開けないように封筒の左下に親展と記載するようにしましょう。

退職届 内容証明書き方

内容証明郵便とはいつ、誰が、誰宛に、どんな文書を送ったかというのを郵便局が保証してくれるものであり、退職届などが会社側に受け取り拒否されたときに使います。
また、書き方については字数や行数が指定されており、手書きの場合は内容証明用の原稿用紙を使うのがおすすめです。

退職届 契約満了

契約期間などが決まっている場合にその契約期間が満了し、契約を更新しない場合は自動退職という扱いなので退職届を出す必要はありません。
退職届とは労働者側の自発的な退職の場合にのみ必要になるので注意しましょう。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする