地番から住所を検索する方法について。法務局で・無料でなどの説明







地番から住所を検索するには

「地番はわかっているけど、住所がわからないので、土地の場所が探せずに困っている・・・」という場合に、地番から住所を検索する方法について説明します。

地番から住所を調べる場合、地番を管理している法務局で調べるのが最も確実です。
知りたい住所の管轄の法務局に電話をして確認する方法と、実際に足を運んで自分で調べる方法があります。

それ以外の方法としては、地方自治体や図書館に行って調べる方法や、インターネットでも調べることもできます。

以下に法務局で調べる方法と、それ以外の調べる方法をまとめているので参考にしてみてください。

地番から住所を法務局で調べる方法

まずは、その土地の管轄の法務局の証明書発行窓口に電話して聞いてみる方法があります。
これは不動産屋も日常的に行っている作業なので、法務局の担当者が調べて教えてもらえる可能性が高いです。

次に、その土地の管轄の法務局に実際に足を運び、「ブルーマップ」を閲覧する方法もあります。
ブルーマップとは、住宅地図の上にブルーで地番が記入されているものです。
このブルーマップは個人で購入することも可能ですが、高額なので一つの住所を知るためだけに個人で購入するのは現実的ではありません。
調べたい住所の管轄の法務局に行けば、ブルーマップが置いてあるので自分で調べることができます。

他の資料としては「地番対照表」というものが閲覧できる場合もあります。
地番対照表とは、住居表示を地番に変換できる帳簿です。

地番から住所を無料で調べる方法

法務局で調べる方法以外で、無料で地番から住所を調べる方法として、地元の自治体で調べる方法もあります。
自治体は、固定資産税の管理のために地番図を所有しています。
この地番図は誰でも閲覧することが可能で、自治体によってはインターネットでも閲覧できる場合もあります。
まずは調べたい住所の管轄の自治体のホームページを検索して、地番図を閲覧できるインターネットサービスを行なっているか確認してみましょう。

他にも公共図書館でもブルーマップを置いてあることがあので、自分で調べることができます。
もしくは国立国会図書館に行けば、全国ほぼ全てのブルーマップが揃っているので、自分で調べることが可能です。

ネットで無料で調べる方法としては、「登記情報提供サービス」を利用する方法があります。
登記情報提供サービスに登録し(登録だけなら無料)、だいたいの地番はインターネットで調べることができます。
地番から検索して地図を表示することができ、ブルーマップで調べるのと同じように地番と現住所が重なって地図表示されます。
登記情報は取らず、地番検索サービスだけなら無料で利用できます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする