スマートexの領収書 発行方法について詳しく説明します!







スマートEXの領収書

新幹線の料金を会社の経費にしたい場合、スマートEXを利用しても領収書が発行できるかどうかがとても気になると思います。
スマートEXで東海道新幹線や山陽新幹線を利用すると、利用票・利用票兼領収書・領収書という3種類の帳票が発行可能です。
このうちのどの帳票が経費精算に利用できるかかどうかは、事前に会社で確認しておく必要があります。

①EX利用票

登録済みの交通系ICカードを使って乗車する場合、新幹線乗車時に自動改札機から発行されるのがEX利用票です

②利用票兼領収書

きっぷを受け取る際に、きっぷと一緒に「利用票兼領収書」が発行されます。

③領収書表示サービス

【パソコン・スマートフォンから】
パソコン・スマートフォンからスマートEXにログインすると、メニュー画面の「ご利用履歴・領収書の発行」から領収書の表示&プリントアウトすることができます。

【EXアプリから】
EXアプリからスマートEXにログインし、サイドメニューの「購入履歴・領収書」から領収書を表示したい履歴を選択すると、「領収書を発行する」から領収書を画面に表示させることができます。

「領収書表示サービス」で領収書発行の手順

スマートフォンの場合

①スマートEXのメインメニューから「ご利用履歴・領収書の発行」をタップします。

②「Web領収書」にチェックを入れたら、照会期間を指定して「OK 照会する」をタップします。

③領収書の表示が可能な購入履歴の一覧が表示されるので、領収書を希望する項目の「領収書表示」をタップします。

④領収書が表示されるたら、宛名欄に任意の文字を入力します。
「印刷」ボタンをタップすると、領収書が表示されます。

パソコンの場合

①スマートEXのメインメニューから「ご利用履歴・領収書の発行」を選択します。

②「Web領収書」にチェックを入れたら、照会期間を指定して「OK 照会する」を選択します。

③領収書の表示が可能な購入履歴の一覧が表示されるので、領収書を希望する項目の「領収書表示」を選択します。

④領収書が表示されるたら、宛名欄に任意の文字を入力します。
「印刷」ボタンを選択すると、領収書が表示されます。

「領収書表示サービス」領収書発行の注意点

・予約を完了した当日は領収書を表示することができません。
領収書の表示期間は予約完了日の翌日の5時30分から3ヵ月後の23時30分までです。

・照会期間を指定するときは、乗車日ではなく、予約した日付を含めるように指定する必要があります。

・指定席の予約を利用しなかった場合の手数料や、2時間以上の列車遅延等による払戻しについては、領収書を表示できません。

・スマートフォン等から払戻しをした場合や自由席の予約を利用しなかった場合の手数料については、領収書を表示できます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする