青色申告の告控と現金出納帳、専従者給与について







青色申告とは

税金の申告をする際に計算や記帳の手間をかけるだけ税制上の特典を受けることができる確定申告制度の1つであり、提出期限までに青色申告承認申請手続を最寄りの税務署に提出する必要があります。
納税申告用紙が青色であることからこの名前が付きました。

青色申告 特別控除

青色申告で受けられる特別控除は所得税の控除であり、所得税というのは所得金額から様々な控除を引いた金額に税率を掛けて求めます。
青色申告を受けた場合、通常の白色申告に比べ65万円の控除を受けることができます。

青色申告承認申請書

前述したように青色申告をするためには提出期限までに青色申告承認申請書を最寄りの税務署に提出する必要があります。
基本的には3月15日が期限ですが、それ以降に開業した場合は開業から2ヶ月以内に提出すれば問題ありません。

青色申告会

「税は公平でなければならない」というシャウプ勧告をもとに個人事業主を中心として組織された納税者団体です。
また、個人事業主の決算や申告についての相談に乗ってくれるので青色申告を受けたい方は一度相談してみるのもおすすめです。

青色申告 ソフト

お持ちのパソコンにインストールすることで面倒な作業を全てパソコン上でやることができるソフトです。
青色申告に必要な決算書や確定申告書を作るのはもちろん、種類によってはオンライン上で税務署に提出することができます。

青色申告 現金出納帳

現金出納帳とは確定申告などをする際に必要になる簡易帳簿の一種であり、主に事業用の現金の出入を記録する帳簿です。
決まった様式はないものの日付、内容、入金、出金、残高などで構成されるのが一般的です。

青色申告 10万円控除

青色申告というのは帳簿づけなどが難しい代わりに最大で65万円の控除が受けられると思われていますが実は少し違います。
青色申告さえ認められれば帳簿は簡単なものでも青色申告の特典は受けられるうえ、控除も10万円までなら受けることができます。

青色申告 必要帳簿

青色申告をする際、帳簿の作り方は2通りあります。
上記のように10万円の控除でいい場合は簡易簿記でいいので現金出納帳、売掛帳、買掛長、経費帳、固定資産台帳で問題ないですが65万円の場合は複式簿記といい、さらに仕訳帳と総勘定元帳を作成する必要があります。

青色申告 基礎控除

青色申告の基礎控除というのは実際には38万円と33万円の2種類があります。
これは38万円が所得税に対する基礎控除であり、33万円が住民税に対する基礎控除だからです。書類などに記入する場合は38万円で問題ないです。

青色申告 専従者

個人事業を手伝ってくれる家族従業員のことを専従者といいます。
また、通常の従業員と違い青色申告であれば専従者の給料は経費扱いで確定申告をすることができます。しかし、専従者にも一定の条件があるので注意が必要です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする