障害者手帳の申請や更新、カード化などの手続き、3級、4級、5級の違いなど





障害者手帳 医療費

障害者手帳は身体障がい者福祉法の規定に該当する障がい者に対して交付されるもので、医療費の免除もしくは支給といった援助を受けることが可能です。
障害者手帳には6つの等級があり、数多くの福祉サービスや障碍者雇用枠に対しての求人に応募ができるようになります。

障害者手帳 申請

障害者手帳の申請にはあらかじめ定められた障害に該当する症状と呈しているうえで、以下のような書類が必要になります。
障害者手帳交付申請書、指定医師の診断書・意見書、本人写真、個人番号を確認可能なもの、健康保険証です。

障害者手帳 更新

基本的に障害者手帳には運転免許のような更新の必要性はなく、更新されないまま長期間使われ続けることが多いです。
しかし容姿の大きな変化などで本人確認において不便があることがあり、そういった場合には新たに本人写真の更新などが行われます。

障害者手帳 手続き

障害者手帳の手続き、申請にはそれなりな時間が掛かります。
通常大体ひと月からひと月半ほど掛かり、例えば障害が手帳の交付に該当しない場合や専門審査が必要な際などはより多くの時間が掛かります。
状況によっては3~4か月ほどは掛かるので簡単にすぐ申請が通るわけではありません。

ペースメーカー 障害者手帳 申請方法

ペースメーカー着用者の等級は1級、3級、4級と幅があります。
以前は一律で一級となっていましたが、最近見直され等級に幅が出来るようになりました。
症状の程度によって差が生まれるので、申請の際には注意が必要でしょう。

障害者手帳 カード化

障害者手帳はカード化することが出来ます。
主に利便性の向上のためで、これまでの嵩張る手帳型のものから、運転免許証のような持ち運びに適した形にすることが可能です。
さらには手帳タイプよりも耐久性に優れていて、これまで以上に便利になります。

障害者手帳 3級

障害者手帳3級では所得税の控除や住民税の控除といった利点を得ることが出来ます。
そのほか相続税や贈与税に関しても二級と同じく控除、非課税の対象となり5級と比べても多くの税に関する恩恵が得られるでしょう。

障害者手帳 4級

障害者手帳の4級は3級よりも低い等級になりますので、受けられる恩恵も少なくなります。
多くの場合は各税の費用が安くなること。
貯金への非課税枠が使用できることやほかの等級と同じように公共交通機関が安くなったりなどの恩恵が得られます。

障害者手帳 5級

障害者手帳には基本的には6つの等級があり1級が最も重い程度の酷い障害を抱えていることを表します。
5級は上から二番目の等級になるので比較的にあまり多くの恩恵は得られませんが、例えば高速道路やバス、タクシーといった公共交通機関の利用や、スマホや携帯電話の料金が安くなったりなどが該当します。

障害者手帳 割引

障害者手帳は等級だけで完全に反出せれるものではなく、障害の種類、住む地域によって多少の差がありますが、多くの場合は公共交通機関や施設の割引や、携帯電話などの基本料が安くなったりするなどの割引を受けることが出来るでしょう。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする