看護師国家試験の日程や試験会場、解答について







看護師国家試験 日程

看護師の国家試験は毎年2月の中旬から下旬の日曜日に行われます。
詳細な試験日については前年の8月頃に発表される場合が多く、試験時間についても午前と午後で約3時間づつ行うことが多いようです。

看護師国家試験 会場

看護師の国家試験の試験会場は指定された11の都道府県にて行われます。
指定都道府県は毎年同じですが会場は毎年変わりますので注意が必要です。
また、会場が自宅から遠い方はあらかじめホテルなどを予約しておくのがおすすめです。

看護師国家試験を受験するための準備について、さらに詳しく説明している記事はこちら
⇒「看護師国家試験の試験会場と予想問題集、受験資格や予備校について

看護師国家試験 問題

看護師国家試験は人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論、看護の統合と実践の11科目、全300問で構成されています。

看護師国家試験 合格発表

看護師国家試験に限らずですが試験の合格発表は毎年3月の下旬になっています。
確認する方法としては厚生労働省のサイトにアクセスする厚生労働省に直接行く、1週間以内に届く合格通知を待つの3つがあります。

看護師国家試験 合格率

看護師国家試験の合格に必要なボーダーラインの平均は60%から70%ほどであり、合格率は毎年90%前後です。
他の国家試験に比べると高い合格率だと言えます。
また、近年は看護師国家試験を受ける人が増える傾向にます。

看護師国家試験 合格基準

看護師国家試験は全240問、300点満点となっています。
合格の基準はまず必修問題とされている300点の中の50点の80%、つまり40点以上を取ること、そして残りの250点の一般問題と状況設定問題でその年の基準を越えることです。

看護師国家試験 願書

看護師国家試験を受けるには願書を提出する必要があります。
学校に在籍している場合であれば学校に問い合わせればもらえますが、そうでない場合は郵送で請求するか看護師国家試験運営臨時事務所や厚生労働省の受付窓口でもらうことになります。

看護師国家試験 厚生労働省

看護師国家試験は厚生労働省の管轄になります。
なので願書や試験の詳細な情法やインターネット上での試験の合格発表も厚生労働省が行っています。
合格発表当日の午後2時以降には厚生労働省のサイトで試験結果を確認することができます。

看護師国家試験 勉強方法

まず一番初めにすべきことは人体の構造と機能などの基本的な部分の勉強です。
基礎の勉強をすることで次にするべき必修問題の対策をより効果的に進めることができます。
そして必修問題の対策が一通り済んだら間違えた問題を復習しつつ、後はひたすら過去問を解くのがおすすめです。

看護師国家試験 ボーダー

看護師国家試験のボーダーラインは上記のように必修問題80%、一般問題と状況設定問題が毎年変動となっています。
必修問題80%は絶対基準で変わることはありませんが一般問題と状況設定問題は65%前後で毎年変わります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする