nhk受信料と免除基準や家族割、障害者などについて







nhk受信料免除基準

NHKは必ずどの人も払わなければいけないと思いがちですが、実は免除することも可能です。
生活保護を受けている人は全額免許、身体障碍者や精神障害者は病名の状態により半額など免除されます。
障害者に関しては対象が殆ど世帯主です。

nhk受信料家族割

NHK受信料には割引があり、家族割引というサービスがあります。
受信機によっては2つ受信料を払わなければいけないものもありますが、少しでも安くするためにNHKが家族割引で半額割引になるサービスを作っています。

nhk受信料障害者

NHKの受信料の世帯主が障害者の人でも条件がいくつかあります。
身体障害者は2級以上、精神障害者は1級、視覚障害者や聴覚障害者と身体障害者が一緒に暮らしているとき、他にも重い障害者などが半額免除になります。

nhk受信料滞納

NHK受信料を滞納すると大変なことになります。まず滞納が続くと家庭の財産になるものを持っていってしまいます。
受信料を払っていないことで疑問があれば、NHKと相談することが出来ます。

nhk受信料拒否

NHK受信料を拒否するには本当にテレビやテレビを見れる対象物がないときに拒否することが出来ます。
少しでもテレビが見られるような状態であれば受信料を払わなくてはいけません。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする