源泉徴収と源泉徴収票、源泉所得税納付書について







源泉徴収とは

1940年から導入された勤労所得や退職所得からあらかじめ税金を差し引いておく制度のことです。
源泉徴収されるのは基本的に会社に勤めている人であり、個人事業主の人は源泉徴収がないので自分で納税する必要があります。

源泉徴収税額とは

源泉徴収税額とは簡単に言ってしまうと1年間に収めた源泉徴収の合計です。
また、会社に勤めている人とフリーランスや個人事業主の人がクライアントから源泉徴収される場合では計算方法に違いがあります。

源泉徴収票とは

所得の総額とそれに対して支払った税金が記載されている書類のことであり、会社に勤めている人にとっては所得証明書として利用されます。
また、年度の途中で転職した場合は年末調整の為に前職の源泉徴収票が必要になります。

源泉徴収簿とは

年末調整をするための書類であり、毎月の給料や源泉徴収額、扶養親族が記載されています。
また、法律的に決まった書類の様式があるわけではないですが国税庁が公表しているものが使用されることが多いようです。

源泉徴収 計算

前述したように源泉徴収税額の計算は2種類あります。
会社に勤めている人の場合、源泉徴収税額表に合わせて計算することで求めることができ、それ以外の場合は100万円以下であれば支払金額×10.21%、100万円以上であれば(支払金額-100万円)× 20.42%+102,100円で求めることができます。

源泉徴収 納付書

納付書というのは簡単に言ってしまうと税金などを納める際の内訳が記載してある書類のことです。
源泉徴収などの納付書の場合は給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書というのが正式な名前になります。

源泉徴収 用紙

源泉徴収の用紙というのは源泉徴収票のことであり、もっと言ってしまえば年末調整の結果が記載されている用紙のことです。
会社員の方は年末などに受け取ったことがあるかもしれませんが、何かの際に確定申告する際は必要になるものなので大切に保管しましょう。

源泉徴収 非課税

ご存知の通り源泉徴収の範囲となるのは給与や報酬といったものになりますが中には非課税や軽減の対象となるものもあります。
どういったものが対象になるかは国税庁のホームページにて確認することができます。

源泉徴収 税率

源泉徴収の金額を求める場合は源泉徴収税額表というものがあり、それを基本に計算します。
そしてその月の社会保険料等控除後の給与等の金額、納税者が抱える扶養親族等の人数によって源泉徴収の金額が決まります。

源泉徴収 確定申告

上記の通り、源泉徴収票というのは確定申告に必要なものになります。
何故必要かというと給与の所得額や源泉所得税額など確定申告書を作るうえで必要な情報が記載されているからであり、源泉徴収票がない場合は自分で計算しなくてはならないので非常に大変です。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする