大学偏差値bfとは?駿台やbizなどの疑問にお答え!







大学偏差値bfとは

大学偏差値におけるbfとは、ボーダーフリーを意味しています。
合格率が50%になる水準の偏差値を計測できない場合に使われる指数で、特に地方の大学で多く見られます。
ボーダーフリーだからといって誰でも入れるという意味ではないことに注意が必要です。

大学偏差値駿台

大学受験予備校として有名な駿台(すんだい)が独自に調査して発表している大学偏差値一覧があります。
かつては一般向けにオンラインサイトで広く公開されていましたが、現在では駿台公式サイトにログインしないとデータの閲覧ができないようになっています。

大学偏差値biz

大学偏差値を国立・私立、学部など多彩なカテゴリ別に集計しているユニークなサイトが大学偏差値.bizです。
大学偏差値以外にも、全国の高校の偏差値や中学校の偏差値を集計したサイトも運営されています。

大学偏差値河合塾

大学受験予備校として有名な河合塾が独自に調査して発表している大学偏差値一覧があります。
河合塾が運営する大学受験情報サイト「Kei-Net」で発表され、同サイトでは偏差値データ以外にも大学受験に関する有益な情報を得ることができるようになっています。

大学偏差値見方

大学偏差値は、高校偏差値から10程度差し引いた数値で見る方法が知られています。
もともとは、相対偏差値のことを表しており、平均点を取得すると偏差値は50となります。
統計的には、理想的な分布を示した場合、偏差値30~70までの間におよそ95%の人が分布することになります。
つまり、偏差値30以下や偏差値70以上というのは、数百人に1人、場合によっては数万人に1人という希少な存在となります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする