保険料控除と申告書、年末調整と控除額の計算について

保険料控除とは

保険料控除とは保険料として支払ったお金の一部が控除され、所得税や住民税が安くなることです。
保険料控除にも種類があり、生命保険料控除、地震保険料控除、社会保険料控除の3つに分かれています。

保険料控除申告書

会社に勤める人が保険料控除を受ける場合には申告が必要になります。
申告書は国税庁のホームページからダウンロードでき、申告書に記入したうえで、その年最後の給料日までに会社に提出することで年末調整で保険料控除を受けることができます。

保険料控除 計算

保険料控除を受ける場合、保険の種類により控除の金額は異なります。
最も計算が大変なのは生命保険であり、支払った保険料が25,000円以下なら全額控除、50,000円以下なら保険料の2分の1+12,500円と区分が非常に細かいです。

保険料控除 上限

保険料控除には上限が設定されており、それも種類によってことなります。
生命保険保険であれば所得税が120,000円、住民税が70,000円となっており、地震保険は所得税が50,000円、住民税が25,000となっていて社会保険は上限がありません。

保険料控除 確定申告

保険料控除の控除を受ける場合、会社に勤める人は前述のように申告書を会社に提出することで年末調整と一緒に保険料控除を受けることができます。
しかし、それ以外の個人事業主の人などはしっかりと確定申告をする必要があります。

保険料控除 介護医療

2010年の税制改正により追加されたのが介護医療保険料控除です。
また、控除の対象となる保険料と控除額は、2012年以降に契約した保険とそれ以前に契約したもので変わってきますので注意が必要です。

保険料控除 新旧

前述の介護医療に限らず保険料の控除は2012年以降に契約した保険とそれ以前に契約したもので新旧の制度に分かれています。
これが混在している場合、控除の計算が非常に複雑なものになってしまうので注意が必要です。

保険料控除 証明書

控除証明書とは保険料を支払ったことを証明する書類のことであり、年末調整や確定申告といった保険料の控除を受ける際には添付書類として提出する必要があるものです。
保険会社にもよりますが毎年10月から翌年1月に郵送されます。

保険料控除 妻

会社での年末調をする場合、妻の名義の保険料控除を受けることができます。
大事なのは保険料などを本人が支払っていることであり、本人が支払っていることが証明できれば年金などの控除も受けることができます。

保険料控除 申告書の書き方

基本的に難しく思われる保険料控除の申告書ですが最近は書きやすく配慮されています。
また、インターネット上で記入方法なども紹介されているのでわからない場合は見ながら記入するのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする