生命保険と作文や貯蓄型、死亡保障などの疑問にお答え!





生命保険作文

生命保険中学生作文コンクールとは、全国の中学生を対象に、生命保険の役割などについて理解を深めてもらうことを目的とした作文コンクールです。
文部科学省、金融庁、全日本中学校長会の後援、(一社)生命保険協会の協賛を得て毎年実施されています。

生命保険貯蓄型

万が一のときの保障だけではなく、貯蓄に近い用途にも活用できる内容を備えている保険が「貯蓄型保険」と呼ばれています。
貯蓄型保険の代表的なものとしては、終身保険が挙げられます。
終身保険は、亡くなったときに保険金を受け取れるという保障の側面と、満期時や解約時に満期保険金・解約返戻金としてお金を受け取れるという貯蓄の側面を持っています。

生命保険死亡保障

死亡保障の役割は大きく分けて2つです。それは、残される家族への経済的支えと貯蓄です。
前者は、本質的な意味での生命保険の役割です。
後者の貯蓄は、死亡保険の中でも終身と呼ばれるものは貯蓄の機能があります。
掛け捨てのものでは収入保障保険、貯蓄型は低解約返戻金型終身保険等があります。

生命保険掛け捨て

死亡保険は大きく分けると「積立型」と「掛け捨て型」に分類することができます。
「 掛け捨て型」は、死亡時の保障のみに特化した保険です。途中で解約した場合、返戻金は支払われません。
商品によっては返戻金が戻ってきますが、積立型と比べるとわずかな金額です。
ただし、積立型と比べて保障額が高めに設定されています。

生命保険積立

「積立型」は死亡時の保障が得られるのと同時に、貯蓄ができます。
途中で解約した場合には解約返戻金が支払われます。ただし、掛け捨て型と比べて保障額は少なくなります。
しかし、「積立型はすべてのお金が戻ってくる」というわけではなく、積立型で戻ってくるのはあくまで「保障」の部分です。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする