源泉徴収税額表や源泉徴収簿など、源泉徴収の疑問にお答え!







源泉徴収とは

源泉徴収とは、給与・報酬・利子・配当・使用料などの支払者が、それらを支払うときに所得税などの税金を差し引き、それらを国等に納付する制度です。
源泉徴収をされた税金を源泉徴収税といいます。

源泉徴収票とは

給与・退職手当・年金などの支払いをする人がその支払額および源泉徴収した所得税額を証明する書面を源泉徴収票といいます。
源泉徴収票は「公的年金等の源泉徴収票」、「給与所得の源泉徴収票」、「退職所得の源泉徴収票」の3種類があります。

源泉徴収税額とは

年末調整によって計算された1年間に払う「所得税」の金額を源泉徴収税額といいます。
源泉徴収は、個人ではなく会社が毎月の給料や賞与から所得税を天引きするものをいいます。
概算による前払いなので、年末調整でお金が戻ってくる方が多いそうです。

源泉徴収税額表

給与所得に関して源泉徴収すべき税額は国税庁がルールを決めています。
給与水準や扶養家族の人数などに応じて決めた税額の一覧表が源泉徴収税額表といいます。
源泉徴収税額表は毎年変更される点があるため、注意が必要です。

源泉徴収簿

年末調整をするための基となる書類を源泉徴収簿といいます。
毎月の給与の支払額や源泉徴収額など、扶養家族の情報を記録していき、年末調整の計算に活用ができます。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする