企業年金について。振込日や支給期間、源泉徴収などの疑問にお答え!







企業年金振込日

通常の年金は国が払ってくれるのが一般的ですが、企業年金というのは企業が個人に払ってくれる年金のことを企業年金と言います。
振込日は基本は誕生日もしくは年金の額によって振込日は違ってきます。通常は1日(ついたち)に払うのが基本です。

企業年金支給期間

企業年金は通常80歳まで支給されるようになっています。
企業年金とは保証期間があり、保証期間が終わるまで支給されるようになっています。
保証期間が終わるのが80歳となっています。

企業年金源泉徴収

企業年金は源泉徴収と関係がとても深いです。
遺族年金の場合は非課税の対象ですが、企業年金になると課税と見なされ所得税を払う対象になります。
確定申告のときは企業年金の源泉徴収するときの証明や表が必要になります。

企業年金一時金税金

企業年金を一時金として受け取る場合は7.6575パーセント引かれるようになっています。
所得の部類は雑所得と見なし、引かれる金額も一時金が多いほど厳しくなっています。

企業年金連合会とは

簡単に説明すると、企業年金連合会とは普通の正社員の企業をすぐ退職したときに企業年金をくれるところを言います。
普通の正社員とはどのようなものかというと、厚生年金基金や確定拠出金制度があるところ、すぐ退職とは10年も働いていない人のことです。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする