遺族年金について。源泉徴収票や所得制限、支給日などの疑問にお答え!





遺族年金源泉徴収票

遺族年金とは夫や妻が先に亡くなった場合に受け取ることの出来る年金のことを言います。
遺族年金の源泉徴収票は通常確定申告などには税金がかからないため、源泉徴収票を送ってくることは基本はありません。

遺族年金所得制限

遺族年金とは誰でも決まったように年金が送られるわけではなく、遺族年金を受け取るときに条件があります。
年の収入が入ったきた直後の状態で850万までの人、それから家族で一緒に暮らしていることが条件になります。

遺族年金支給日

遺族年金は毎月送られるわけではなく、2月に1回は送られる状態になります。
2月に1回のときの偶数の月の15日に銀行に振り込まれて、銀行のATMや窓口から受け取ることが出来るようになります。

遺族年金住民税

通常年金や給料や収入から住民税は引かれて課税されるのが一般的です。
しかし遺族年金を貰っている状態で住民税のことをきちんと市役所に話していれば遺族年金は税金がかからない決まりがあるから、住民税はかかりません。

遺族年金早見表

遺族年金は殆ど皆同じ額を貰うのかというと違います。
子供のいる数や共済に入っている場合だと貰える金額も変わってきます。インターネットの検索で遺族年金早見表と検索すると表やグラフで表示されたものが出てきます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする