クオカードの購入手数料と購入場所、クレジットカードでの購入について







クオカード購入手数料

クオカード購入に必要な金額=利用可能額というわけではありません。
なぜなら購入時に手数料が含まれているからです。

現在販売されているクオカードの種類は「300円券」「500円券」「700円券」「1,000円券」「2,000円券」「3,000円券」「5,000円券」「10,000円券」の合計8種類があります。
この8種類のうち300円券~1,000円券までの4種類の購入額には手数料が含まれています。
具体的な金額は以下の通りです。
「300円券」→330円
「500円券」→530円
「700円券」→750円
「1,000円券」→1,040円

クオカード購入場所

クオカードの購入は大きく分けると窓口販売を行っている店舗での購入かネットでの購入の2つとなります。

主な販売窓口はコンビニ、書店、レコードショップ、ホテルなどがあります。
近所でどこで取り扱ったらいいかわからないという方はクオカードの公式サイトから調べてください。
最寄りの駅や施設から検索が可能で、地図で近隣の販売窓口の場所が表示されるのでわかりやすいです。
通常は販売窓口で直接クオカードを受け取るのですが、ローソンのLoppi端末からの購入だと後日郵送となります。

ネットからだとクオ・ギフトショップというサイトからの購入となります。

クオカード購入クレジットカード

基本的にクオカードの購入にクレジットカードを使うことはできません。
しかし例外が2つあります。
1つは、ファミリーマート店頭での購入であればファミマTカードのクレジットカード決済が利用可能です。
もう1つは、JCB-QUOカードという株式会社ジェーシービーが発行するクオカードです。
このクオカードであれば同社のウェブサイトからJCBカードによるクレジットカード決済でご購入が可能です。

裏技的な方法としてクレジットカードからオートチャージ可能な電子マネーで購入する方法もありますね。
擬似的ではありますが実質クレジットカード払いと変わりないでしょう。

クオカード購入金券ショップ

正規の購入ルートではありませんが金券ショップを利用するという手もあります。
金券ショップであれば普通に買うよりも安く購入出来たり、また不要なクオカードを現金に換えることも可能です。
繁華街などであれば金券ショップは多く見かけるので手軽な購入方法ですね。

ただし安くなるといっても劇的に安くはなりません。
買い取りの相場が定価の95%程という高換金率なので販売価格となると98%前後となるでしょう。
それでも安くはなりますし、金券ショップは大体アクセスのいい場所にあるので購入の際には覚えておくと便利かと思います。

クオカード購入 コンビニ

クオカードを一番手軽に購入できる方法はコンビニでしょう。
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社はもちろんの事
サークルKサンクス、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイトといったコンビニでも購入や利用が可能です。

コンビニにより扱っているクオカードの種類に違いがあります。
ファミリーマートでは500円券~10,000円券までの6種類。
ローソン、サークルKサンクスでは2,000円券の取り扱いをしておらず5種類。
その他のコンビニでは3,000円券、5,000円券、10,000円券の3種類の取り扱いとなります。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする