ポンタカードのポイント確認やポイント合算、ポイント履歴について





ポンタカードポイント確認

ポンタカードのポイントの確認方法には以下などがあります。
1.レシートで確認
一番簡単な方法は、店舗で買い物をした時にもらうレシートにポイント数が記載されています。

2.Loppi(ロッピー)で確認
ローソンに設置されている多機能端末の「Loppi」でポイント数を確認できます。Loppiの画面にある「ポイント会員メニュー」をタッチし、Loppiのバーコードリーダーにポンタカードを通します。すると、画面にポイント数が表示されます。

3.Ponta WEBサイトで確認
PontaのWEBサイトにアクセスし、ログインするとトップ画面にポイント数が表示されています。

4.スマホアプリで確認
Ponta公式アプリを起動すると、トップページにポイント数が表示されます。

ポンタカードポイント合算

ポンタカードを複数枚持っていた場合はPontaカスタマーセンターに電話をし、『複数あるポンタカードのポイントを、1つにまとめて欲しい』と伝えると1枚にまとめてもらえます。WEBサイトや店舗では対応していません。

ちなみに、家族の場合だと、ポンタカードのポイントを一緒に貯めることができます。以下の手順で行います。
1.家族が全員ポンタカードを所有します。
2.全員がPonta.jpに会員登録をします。
3.誰か1人がグループのオーナーになり、他の家族がそれに参加します。
4.グループのオーナーにポイントがまとまります。

家族10人まで参加可能です。なお、ポイントはオーナーのカードに集約されるため、ポイントを使えるのはオーナー1人です。

ポンタカードポイント履歴

ポイントの履歴を確認するには以下の手順で行います。
1.PontaのWEBサイトにアクセスし、ログインします。
2.トップ画面の右上にある「ポイント通帳」をクリックします。
3.「ポイント履歴を見る」をクリックします。
4.パスワードを入力して「次へ」をクリックします。
5.次のぺージで下記の種類別にポイントが表示されます。
・ポンタポイント
・リクルートポイント
・期間限定ポイント
・リクルート期間限定ポイント
・全サイトのサイト限定ポイント

過去1年分の日にちごとの各ポイントの履歴(取得・利用・消滅)を見ることができます。なお、期間限定ポイントはポンタポイントへの交換ができず、指定されたサイトでしか利用できません。

ポンタカードポイント有効期限

ポイントの有効期限は、Ponta Webへ登録すると、ポイントの最終加算日、または利用日から1年間になります。例えば、2019年1月1日にポイントが加算された場合、有効期限は2020年1月1日までになります。そして、1月10日にポイントを利用すると、そこからまた1年先に伸びます。

なお、有効期限の異なるケースがあります。それは、リクルートIDやponta会員IDへの登録の有無によって有効期限が微妙に違うからです。リクルートIDとPonta会員IDに登録してある、または片方だけ登録してあるによって、有効期限に違いが起きます。

・リクルートID未登録で、pontaカードを持っている場合
有効期限は最終のポイント加算日または利用日から1年間です。
・リクルートID登録済みで、ponta会員ID未登録の場合
有効期限は最終のポイント加算日から12ヶ月後の月末です。
・リクルートIDもPonta会員IDも登録済みの場合
有効期限は最終のポイント加算日または利用日から1年間です。

ポンタカードポイント使い道

ポイントの使い道には以下などがあります。
1.加盟店で支払いに充当
加盟店で買い物をし、ポンタポイントを1ポイント:1円として支払いに充当します。主な加盟店には以下などがあります。
ローソン、ケンタッキー・フライド・チキン、JAL、昭和シェル石油、ゲオ、高島屋、コジマ

2.ローソンのお試し引換券と交換
ローソンにある多機能端末の「Loppi」を利用すると、ポイントを使うことで「お試し引換券」を発行できます。そして、お試し引換券は店内にある対象商品を交換できますが、対象商品は通常価格より大幅に安い価格になっています。

3.商品と交換
PontaのWEBサイトには、ポイントを使って様々な商品と交換ができるサイトがあります。

4.他ポイントと交換
ポンタポイントはJALマイルやLINEポイント、dポイントなどと交換することができます。PontaのWEBサイトから手続きができます。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする