賞与支払届はいつ届く?記入例と提出先について







賞与支払届いつ届く

賞与支給届とは、会社が年金事務所等に提出する書類になります。
いつ届くのかというのは、基本的に賞与を支払った会社には、賞与支払届および賞与支払届統括表を年金事務所に5日以内に提出するという義務があります。
なぜ、準備して提出しないといけないかと言いますと、賞与にも社会保険料が発生するからです。
基本的に社会保険料が発生する場合、全て金額を開示し指定先の事務所へ提出する義務があります。
それを怠ると社会的問題ですので注意して下さい。

賞与支払届記入例

賞与支払届における記入例について記載します。
とはいえ、実際に記入した賞与支払届を提示することは出来ないので、チェックポイントのみ賞記します。
記入用紙にある※印がある部分は記載しなくてもよいところになります。
そのため、ここは除き記入するようして下さい。
賞与の記入額については、1000円未満は切り捨ての金額を記入が必要ですので注意が必要です。
税引き前の総支出額になるので、確りと計算するようにして下さい。
2枚以上の場合は、2枚目以降は押印がいらないケースがあるので、確りとチェックするようにしましょう。

賞与支払届退職者

賞与支払届における退職者の手続きについて紹介します。
特に、賞与支給月に退職する社員について、月の途中で退職したら賞与からの社会保険料を徴収する必要がなくなるというポイントがあります。
そのため、賞与支給届を提出する義務がなくなります。
もちろん、退職日以前に支給した場合は届けの提出が必要です。
確りと賞与支給額を算出して、支払届を提出するようにして下さい。
退職後はそもそも被保険者ではないため、退職後に支給された賞与は含まれません。

賞与支払届提出先

賞与支払届の提出先について。
基本的に提出先は日本年金機構になります。
改めて、提出時期などを纏めると、賞与支払日から5日以内に提出するようにすること。
提出先は、部う便で事務所所在地を管轄する事務センター当てに提出する方法があります。
そして、提出方法としては、電子申請、電子媒体、郵送、最後に窓口へ持参することで提出します。
一番手っ取り早いのは電子申請です。問い合わせ先は0570-058-555にかけると相談できるので一度連絡をしてみてください。

賞与支払届総括表

賞与支払届総括表とは賞与支払届と共に一緒に届け出を行う資料のことで、賞与支払届けの表紙になるようなものになります。
詳しくは、賞与支払届けの支給した人数であったり、支払総額についてをまとめた資料になります。
ひとつ注意する必要があるのは、電子媒体による届け出ができない事があります。
提出の際に、電子媒体を利用される方は、これだけ郵送で送らないといけないケースもあるので注意が必要です。
ちなみに入手の方法は、賞与支払い予定月の前月に年金機構が会社に送ってくるのでそれに記載して下さい。

 






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする