個人向け国債どこで買う?買い方とメリット&デメリットについて





個人向け国債どこで買う

個人向け国債は、全国の金融機関で購入できます。
全国各地に、取り扱っている「証券会社」、「銀行」があります。
「証券会社」は大丈夫なのですが、「銀行」の場合、ほとんどの「銀行」で、扱っていますが、取り扱っていない支店がある場合もあります。
取り扱っている、「証券会社」、「銀行」の中には、インターネットで、購入できるところもありますので、ご自身が、お住まいの地域の、「証券会社」、「銀行」などに問い合わせしてみてください。

個人向け国債買い方

全国の「証券会社」、「銀行」の融資窓口で購入の相談ができます。
額面の金額が100円に付き100円で購入できます。
金利は、変動と固定がありますので、よく選んでから購入することをお勧めします。
変動金利の場合、10年が満期です。
固定金利の場合は、3年が満期と5年が満期の2つがあります。
1万円から購入でき、1万円単位で購入可能です。
発行後、1年間は、途中解約ができませんので、気を付けてください。
下限金利は、0,05%ですが、条件によって、金利は変わります。

個人向け国債デメリット

途中換金には、一定金額が差し引かれます。
発行後、1年間は、途中解約ができないため、途中で、換金することもできません。
「個人向け国債を購入してあるから、大丈夫」という考えを持っていると、1年間すぎる前に、途中換金できないので、あわててしまいます。
一定金額が、差し引かれますが、額面金額によって、差し引かれる金額も変わりますので、「証券会社」、「銀行」の担当者の説明をよく聞いたうえで、十分理解することが必要です。

個人向け国債メリット

「個人向け国債」のメリットは、国の保障があるということです。
国の保障があることにより、元金が、なくなることがありません。
また、金利がゼロになることリスクもありません。
預金の場合よりも、お得に投資ができます。
また、預金よりも、利回りが高い点もメリットだと思います。
預金の場合、預けていると、金利はあるけれど、あまり多くない場合ってないですか?
「個人向け国債」では、最初に決まった金利が、ずっと続きます。

個人向け国債手数料

手数料は、金額によって、変わります。
多ければ、多くなりますが、それほど高くはありません。
最初に、説明を受けるときに、十分な相談をしてみてください。
「証券会社」も「銀行」も、あなたにあった、金利の商品を紹介してくれます。
手数料のことは、「証券会社」、「銀行」によって、変わりますので、よく選ぶことが大切です。
100万円で、400円程度の手数料だったと思います。
ご自身の地域の「証券会社」「銀行」に問い合わせることをお勧めします。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする