ロードサービスの料金とクレジットカードや無料について





ロードサービスとは

車の運転歴が長くなるにつれ、運転していた自動車が急に動かなくなってしまったり事故などによって故障してしまう時も出てくる可能性があります。
ロードサービスとは作業スタッフが電話一本で車の故障現場に駆けつけ、その場で車の状態を素早くチェックしてくれます。
そして可能であればその場で修理を行ってくれるという、自動車に詳しくない方にとっては、もしもの時に安心できるサービスです。
そのサービス内容は多岐に渡り、日常的に起こりうる故障なら、ほとんどその場で修理ができる程です。

ロードサービス料金

ロードサービスの料金は、対象となる車がJAFや自動車保険会社の対象になっているか、なっていないかにより大きく変わってきます。
会員になっていれば一般的なトラブルであるバッテリー上がりやパンクによるタイヤ交換、キーの閉じ込みや燃料切れなど多くの場合に無料で対応してくれます。
万が一、深刻な故障や事故などで車が自走できなくなってしまった場合は、レッカー車によって近くの修理工場までけん引してもらうことになりますが、その場合は距離によって料金が変動してきますが、およそ15㎞までの牽引は無料で対応してくれる保険会社が多いようです。

ロードサービスクレジットカード

私たちが普段手にするクレジットカードの中には、ロードサービス付きのクレジットカードも存在します。
そして、ロードサービス付きのクレジットの中にも種類があり、ロ度サービスのみを付与するタイプや、ロードサービスはもちろん、その後のアフターフォローも付与されたクレジットカードがあります。
アフターフォローの一例には、故障現場から車での自走が難しい場合などに帰宅する手段として公共機関の費用をサポートしてくれるサービスや、故障が夜間の場合、周辺の宿泊施設に泊まれるように宿泊費をサポートしてくれるサービスなどがあります。

ロードサービス比較

ロードサービスは各自動車保険会社が手厚くカバーしているため、比較する際に迷ってしまうかもしれません。
しかし、どの保険会社も一般的に起こりやすい故障、例えばバッテリー上がりやタイヤのパンク修理などは、無料でロードサービスを行ってくれる保険会社がほとんどです。
ですので、現状で自動車保険に加入されている方は一度自身が加入されている保険会社に確認をし、ロードサービスに対応しているのかどうか、そしてどのくらいの故障まで対応してくれるのかなどを問い合わせてみると、もしもの時にも安心なのではないでしょうか。

ロードサービス無料

ロードサービスは自動車の保険会社なら無料で付帯をしているところが多く、またその内容もかなり充実しています。
前述したバッテリー上がりやパンクの対応はもちろんのこと、ガソリンの補充や冷却水の補充、そして車の運転を誤って脱輪してしまった場合なども無料サービスの対象となっている保険会社がほとんどです。
今、自分が加入している保険には、どこまでを無料でロードサービスを行ってくれるのかということを知っておくだけで心理的な負担がずいぶん軽減されます。
車に乗る機会の多い方はこの機会にロードサービスの内容を再確認しておくことをおすすめします。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする